用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キャンペーン価格】

 ソフトウェアなどを安く買えるありがたい慣行。特にウィンドウズ版のソフトはキャンペーン価格が定着して、一時は普通の価格で(通常版を)買う方が少ない状況だった。

 具体的には、新発売記念キャンペーンとして最初の数万本を値引きするとか、ライバル製品を持っている人には安くする乗換キャンペーンなどがある。同じソフトの古いバージョンを持っている人がバージョンアップ版を安く買えるのは当然で、同じソフト会社の製品を持っていると安く買えるユーザー優遇キャンペーンといったものもある。

 以前は、他社製品からの乗換版を買うときはユーザー登録書の提示を求められたり、バージョンアップ版を買うときはメーカーからの案内状が必要なことが多かった。

 しかし最近は、インストールするときに自動的にハードディスクを確認する方式が増えている。ハードディスクの中に対象となるソフトがないとインストールできない。持っているけど削除してあるといった場合は、対象ソフトのオリジナルCD-ROM(あるいは DVD-ROM)があればインストールできる。

 キャンペーン価格の製品のほかに、学生や学校関係者だけが安く買えるアカデミックパッケージがある。これを買うときは、学生書や身分証明書などの提示が必要だ。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top