用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キャッシュ】

  • cache

 ふたつの意味がある。一般的には、パソコンの中にあるキャッシュメモリーを指すことが多い。もうひとつ、インターネットの分野では、ブラウザーが保存しているウェブページのデータをキャッシュという。

 まず、パソコンのキャッシュメモリーは、パソコンの処理速度を速くするための部品だ。具体的には、CPU と一般のメモリー(メインメモリー)との間にある、容量は少ないものの超高速で読み書きできるメモリーのこと。今は、ほとんどのパソコンに入っている。

 CPU は、メモリーにあるソフトやデータを読み込んで、計算したり命令を出したりする。しかし、メモリーからデータを読み込むのに少し時間がかかる。そこで、直前に使ったデータをキャッシュメモリーに一時保存して、また必要ならキャッシュメモリーから読み込む。そのほうが読み込み時間を短縮できる。

 さらに最近は、1次キャッシュと 2次キャッシュがある。1次キャッシュは、CPU自体に入っているキャッシュメモリー。2次キャッシュは、上で説明した従来のキャッシュメモリー。2次キャッシュのことを、L2キャッシュと書くこともある。

 次に、インターネット・ブラウザーのキャッシュ。ウェブページを見ているとき、最近訪ねたページをもう一度開くと表示が速いことが多い。これは、パソコンのメモリーやハードディスクに最近表示したホームページの情報や画像が保存されているためだ。

 あるページを開こうとしたとき、メモリーやハードディスクにデータがあれば、インターネットから読み込むのではなく保存してあるデータを表示する。この方が表示が速い。インターネットという公共的な通信網を流れるデータ量を増やさないというメリットもある。

 以前は、時間帯によってウェブページの表示が遅くなることがあった。これにはいろいろな理由があったけど、1つには多くの人が同時にインターネットを利用しているために起こるデータの渋滞がある。キャッシュデータを使えば、この渋滞緩和に役立つ。

 一方、問題点もある。ウェブページのデータは頻繁に更新されている。そのため、キャッシュに保存されているデータが古くなっていることがある。そんなときは「更新」ボタンを押してリロードすれば最新のデータが読み込まれる。

 なお、キャッシュデータは無制限に増えるわけではない。どのくらい保存するかブラウザーで設定が可能だ。それを越えると自動的に削除される。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top