用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オーエスアールツー】

  • OSR2

 改良版のウィンドウズ95。OEM Service Release 2 の略。

 ウィンドウズ95 の英語版が発売されたのは 1995年の8月、日本語版は 11月だった。その後、パソコンを取りまく環境がどんどん進化して、初期のウィンドウズ95 では対応しきれないことが出てきた。たとえばハードディスクの大容量化とか、USB や IEEE1394 といった周辺機器の新しい接続法とか。

 そのためマイクロソフト(ウィンドウズを開発・発売している会社)は、ウィンドウズ95 の修正プログラム(モジュールと呼ぶこともある)をホームページなどで配布してきた。しかし、すべてが提供されたわけではない。

 ウィンドウズパソコンを買うと、最初からウィンドウズが組み込まれている。実はこれ、各パソコンメーカーがマイクロソフトから仕入れて、パソコン組立時に組み込んでいる。いわば部品のような扱いだ。

 そして 1996年末を目安に、パソコンメーカーに提供されるウィンドウズ95 が、新しい機能を追加した OSR2 というバージョンに切り替えられた。そして、その後もバージョンアップが行われて、OSR2.1 や OSR2.5 が組み込まれたパソコンも販売された。

 一方、パソコン店ではパッケージ入りのウィンドウズ95 も売られていた。ところが、こちらのウィンドウズ95 は最後まで発売当初のままだった。つまり OSR2 にはならなかった。

 その後、ウィンドウズではサービスパックという名称で、同様のバージョンアップを繰り返すことが定着している。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top