用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウルトラDMA】

  • UltraATA
  • UltraATA/100
  • UltraATA/66
  • UltraDMA
  • ウルトラATA
  • ウルトラATA/100
  • ウルトラATA/66

 まず、ウルトラATA(UltraATA)を理解しよう。かつて、パソコンに内蔵されているハードディスクは、ほとんどが IDE という方式で接続されていた。この IDE を正式に規格化したものを ATA という。

 その頃は、パソコンの CPU や各種部品が年々高速化し、これに伴ってハードディスクからデータを呼び出したり、ハードディスクにデータを送るスピードも速める必要があった。

 そのため、従来より高速化したデータ転送方式としてウルトラATA が作られた。メーカーによっては、ウルトラDMA と呼んでいることもあった。DMA については別のページでも説明しているので、必要に応じて見てほしい。

 ウルトラATA のデータ転送速度は、最高で 33MB/秒(正確には、33.33・・MB/秒)。しかし、もっと速くということで、2倍の 66.66・・・MB/秒の規格が登場した。これが、ウルトラATA/66(UltraATA/66)。そして、さらに 3倍速にしたのがウルトラATA/100(UltraATA/100)だ。

 こうした規格に対応したハードディスクを使うには、BIOSと呼ばれるプログラムやハードディスクを接続するケーブルなどもウルトラATA に対応している必要がある。高速なハードディスクを買っても、パソコン側が対応していなければ、従来と同じ速度になる。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top