用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウィンドウズRT】

  • Windows RT

 2012年10月にマイクロソフトから発売された基本ソフト(OS)、ウィンドウズ8(エイト)の一種。

 別のページでも書いているように、ウィンドウズ8 には一般的な機能を搭載したウィンドウズ8(無印)、ビジネス向け機能を追加したウィンドウズ8 プロ、企業向けのウィンドウズ8 エンタープライズ、そして ARMコアに対応したウィンドウズRT がある。

 このうち、ウィンドウズ8、プロ、エンタープライズは従来どおり一般的なパソコンで使うためのウィンドウズ。しかし、ウィンドウズRTだけは ARMアーキテクチャーと呼ばれる仕組みをもったタブレット端末やパソコンで使用するための専用エディションとなっている。

 そして、こうした機器に搭載されたかたちで提供されるため、ウィンドウズRT は単体では販売されていない。

 ARMアーキテクチャーとは、ARMコアと呼ばれるモバイル端末(タブレット端末やスマートフォンなど)向け CPU を核とした仕組み(機器構成)のこと。ウィンドウズ8 が発売された 2012年10月時点で、多くのモバイル端末がこの仕組みを採用している。

 ただし、インテル製の CPU やチップセットを採用したタブレット端末は、ウィンドウズRT ではなく一般のウィンドウズ8 を使用する。逆に、パソコンのカタチをしていても中身が ARMアーキテクチャーの場合は RT を搭載することになる。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top