用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウィンドウズNT】

  • Windows NT

 かつて、マイクロソフトが開発した基本ソフトの名称。ウィンドウズには多くの種類がある。NT 以外のウィンドウズに関しては、ウィンドウズのページから参照してほしい。

 従来、ウィンドウズ98、ウィンドウズ98SE、ウィンドウズMe は基本的に個人ユーザー向けとされてきた。これに対して、企業で使う業務用パソコンでは、ウィンドウズNT やウィンドウズ2000 を使ってほしいというのがマイクロソフトの見解だった。

 ウィンドウズNT は、ウィンドウズ2000 のひとつ前の企業向けウィンドウズ。最終バージョンは 4.0 で、サーバーに組み込む WindowsNT Server(ウィンドウズNT サーバー)と、普段使うパソコン(クライアント)に組み込む WindowsNT Workstation(ウィンドウズNT ワークステーション)に分かれていた。

 ウィンドウズNT 4.0 は、見た目も操作方法もウィンドウズ95 や 98 と非常によく似ている。また、ウィンドウズ95 や 98 に対応したソフトが、ほとんど動いた。

 しかしウィンドウズNT は、基本ソフトの中核部分が 95 や 98 とは異なっていた。この中核部分を NTカーネルという。そして、ビジネスソフトを使っているときトラブルが起きにくい、トラブルが発生しても被害が広がりにくい、セキュリティを守りやすい、といった特長があった。

 一方で、ゲームなど娯楽系のソフトは苦手で、プラグ・アンド・プレイなどの機能に対応していない、セキュリティ管理やユーザー管理に手間がかかる、といった面もあった。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top