用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウィンドウズ・ビスタ】

  • Longhorn
  • Windows Vista
  • ロングホーン

 ウィンドウズXP の次に発売されたマイクロソフト社の基本ソフト。現在は、ウィンドウズ・ビスタの後継版としてウィンドウズ7 が発売されている。

 ロングホーン(Longhorn)は開発中の仮の名前(開発コード名)。長くロングホーンと呼ばれていたけど、2005年7月に米マイクロソフトから WIndows Vista(ウィンドウズ・ビスタ)という名称が正式に発表された。

 発売は、2007年1月30日。それまで何度も延期されてきたが、この期日は守られた。単体のソフトウェアパッケージと同時に、Vista プレインストールのパソコンも一斉に発売された。

 ウィンドウズ・ビスタでは、ウィンドウズ95以来の大規模な改変が行われた。内部構造から根本的に作り直されている。ファイルシステムなども変更されて、特に画像表示に「エアロ」と呼ばれる新しい技術が盛り込まれた。これに伴って画像表示機能も高いものが要求された。

 ウィンドウズ・ビスタには次の5種類がある。

●Windows Vista Ultimate(ウィンドウズ・ビスタ・アルティメット)
 すべての機能を盛り込んだ最上位バージョン。

●Windows Vista Enterprise(ウィンドウズ・ビスタ・エンタープライズ)
 大企業向け。

●Windows Vista Business(ウィンドウズ・ビスタ・ビジネス)
 一般のビジネス向け。

●Windows Vista Home Premium(ウィンドウズ・ビスタ・ホームプレミアム)
 家庭向けの上位バージョン。テレビやゲームなどの娯楽にも対応。

●Windows Vista Home Basic(ウィンドウズ・ビスタ・ホームベーシック)
 基本機能だけを搭載した家庭向け。エアロは不搭載。

 このほかに、開発途上国向けに機能を絞った Windows Vista Starter Edition(ウィンドウズ・ビスタ・スターターエディション)があるけど、日本では発売されない。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top