用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウィンドウズ・バーチャリゼーション】

 1台のコンピュータの中に、もう1台のコンピュータがあるかのような状態を作り出す仮想化技術のひとつ。

 従来の仮想化技術は、ベースになる基本ソフトがあって、その上に別のパソコンがあるような状態を作って、その仮想的なパソコンの中で別の基本ソフトを動かすのが基本だった。

 しかし、たとえばインテルの VT や AMD の AMD-V といった技術が普及して、コンピュータのハードウェア上で直接、仮想のコンピュータを作れるようになってきた。そして、それを実現する技術が、ウィンドウズ・バーチャリゼーションである。

 既存の基本ソフトの上で動かす従来の仮想コンピュータより、ウィンドウズ・バーチャリゼーションを使ってハードウェア上で動かす仮想コンピュータの方が高速に動くという。

 なお、一般にバーチャリゼーションというと、ストレージ・バーチャリゼーションを指すことが多い。これは意味が違うので、別のページで。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top