用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウィンドウズサーバー2003】

  • Windows Server 2003

 マイクロソフトから、2003年に発売された(アメリカでは4月、日本では6月)サーバー用の基本ソフト。

 サーバーというのは、コンピュータ・ネットワークに接続されたコンピュータのうち、ネットワーク管理に必要なデータや共有情報を蓄積しておくコンピュータ。普通は、パソコンより高性能なコンピュータを使う。

 そして、サーバーにはサーバー向けの基本ソフトを使うのが一般的だ。ウィンドウズサーバー2003も、こうしたサーバー向け基本ソフトのひとつで、ウィンドウズ2000サーバーの後継版にあたる。

 ひとくちにサーバーといっても、今は規模も種類も多様になっている。そのため、ウィンドウズサーバー2003 には、4つのエディションが用意されている。

 まず、データセンターエディションは、超大型で高い信頼性が必要なサーバー向け。エンタープライズエディションは、中規模から大規模な企業向け。スタンダードエディションは、企業の一部門などで使う小規模サーバー向け。それと、主にインターネットやイントラネットのWebサイト構築用としてウェブエディションがある。

 現在、一般的なサーバーやパソコンは、32ビットという単位でデータを扱っている。ウィンドウズサーバー2003 も、4エディションとも 32ビットに対応している。ただし、データセンターエディションとエンタープライズエディションには、64ビットという単位でデータを扱う 64ビット版も用意されている。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top