用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アールエスエス】

  • RSS

 まず、RSS が何の略かという話だけど、Rich Site Summary または RDF Site Summary あるいは Really Simple Syndication など諸説ある。どれが正しいとはいえない。RDF は、Resource Description Framework の略。

 さて、インターネットのホームページは頻繁に更新される。特に、ニュースなどの情報系サイトやブログなどは更新頻度が高い。更新されたかどうか自分でチェックするのは大変だ。また、うっかりすると新しい情報を見逃したりする。

 しかし、こうしたサイトが RSS に対応していると、更新された記事の見出しや更新日時、記事全体の URL などを自動的に収集できる。つまり、つねに最新情報を入手できる。

 正確には、見出しや更新日時などの情報を記述するフォーマットを RSS と呼ぶ。データは、XML という形式で記述されている。

 RSS を利用して情報収集するには、RSSリーダーと呼ばれるソフトを使うのが一般的。表示方法はいろいろだけど、どれも更新された情報の見出しが表示される。その中から読みたいものをクリックすると本文が表示され全体を読むことができる。

 RSS に対応したサイトには、「RSS」や「RDF」といったボタンがある。これらのボタンには、RSS形式のデータへのリンクが張られている。これを RSSリーダーに登録しておくと、最新情報が届くようになる。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top