用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アグリゲータ】

  • RSSアグリゲータ
  • RSSリーダー

 RSS は、別のページでも説明しているけど、インターネット上の記事を自動的にチェックして、新しい記事の見出しや更新日時などを収集する機能。主に、ニュースサイトやブログなどが RSS に対応している。

 RSS を利用するには、RSS に対応したソフトが必要だ。一般のブラウザーや電子メールソフトでは読むことができない。この、RSS に対応したソフトを、RSSリーダーとか RSSアグリゲータという。単に、アグリゲータと呼ぶこともある。

 RSSリーダーには、いろいろな種類があるけど、一般的なものは電子メールソフトによく似ている。左側に RSSサイトがツリー表示されて、その中から興味のあるものを選ぶと、右上に見出し一覧が出る。見出しのなかから読みたい記事を選ぶと、右下に全文が表示される。右下の部分には、普通のブラウザーと同じ内容が表示される。

 RSSリーダーに RSSサイトを登録するのも簡単だ。一般のブラウザーで RSS に対応したページを開き、「RSS」や「RDF」と書かれたボタンを右クリック。「ショートカットのコピー」を選ぶ。次に、RSSリーダーで「サイトの追加」の操作をすればいい。単に、「RSS」や「RDF」のボタンを、RSSリーダーの RSSサイトの一覧へドラッグ&ドロップするだけで登録できることもある。

 なお、単にアグリゲータというと、ADSL や光ケーブルでインターネットに接続する際に使われる通信機器を指すこともある。また、インターネット上の情報を集めてエンドユーザーへ配信する事業者をアグリゲータということもある。後者の場合は、特にコンテンツ・アグリゲータと呼ぶこともある。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top