用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アウトライン・フォント】

  • TrueTypeフォント
  • ビットマップ・フォント
  • フォント
  • プロポーショナル・フォント
  • 等幅フォント

 フォントとは、パソコンで使う書体のこと。明朝体やゴシック体、毛筆体など、いろいろな種類がある。

 フォントには、文字の形以外にも、いろいろな分類がある。まず、ビットマップ・フォントとアウトライン・フォント。ビットマップは主に画面表示に使われるフォントで、画面の点(ドット)を塗りつぶして文字を表現している。そのため拡大したり印刷するとギザギザが目立つ。

 アウトライン・フォントは、文字の形(輪郭)を図形データとして保存してある。そのため、拡大しても印刷してもギザギザのない滑らかな文字になる。

 TrueTypeフォントも、アウトライン・フォントの一種。もともとアップル社が開発したものだけど、今はウィンドウズでも使われている。フォント名の前の、TTマークが目印。TrueTypeフォントを使うと、ごく普通のプリンタでもきれいな文字で印刷できる。

 もうひとつ、プロポーショナル・フォントと等幅フォントという分類がある。たとえば、アルファベットの「i」や「l」は幅が狭く、「m」や「w」は幅が広い。そのため、どの文字も同じ間隔で表示したり印刷すると、見た目が不自然になる。そのため自動的に、幅の狭い文字は文字間隔を狭く、幅の広い文字は文字間隔を広くするよう工夫されているのがプロポーショナル・フォントだ。

 今は、日本語のプロポーショナル・フォントも増えている。プロポーショナル・フォントを使うと、たとえば横書きのとき縦方向は文字が揃わない。1行の文字数が変わることもある。しかし、この方が自然で読みやすい文章になる。

 一方の等幅フォントは、文字の幅に関係なく、同じ文字間隔で表示する書体だ。この場合は、横書きにしたとき縦方向にも文字が揃う。

 等幅フォントを使う機会は減っている。しかし、電子メールの本文は今も等幅フォントが基本だ。文字と記号で図形やイラスト(アスキーアート)を表現したとき、文字幅が一定でないと何が描いてあるのか分からなくなる。電子メールの本文中に、意味不明の図形や罫線がズレている部分があったら等幅フォントに指定し直してみるといい。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top