用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイディーイー】

  • E-IDE
  • IDE
  • エンハンストIDE

 パソコン本体に内蔵したハードディスクやCD-ROMドライブなどを、マザーボードと接続するために長く使われてきた規格のひとつ。かつては、ほとんどのパソコンがこの方式を採用していた。

 パソコンの中には、マザーボードというメインの基板が入っている。IDEは、このマザーボードと、内蔵ハードディスクや内蔵CD-ROMドライブとの間でデータをやり取りする方式を決めたもの。

 最初に決められたIDEでは、2つの機器を接続できた。その後、IDEを発展させたエンハンストIDEという規格ができて、これだと4台の機器を接続できる。エンハンストIDEを略して、E-IDEと書くこともある。

 かつて一般的なデスクトップパソコンは、本体の中にIDE(E-IDE)接続で、もう1台ハードディスクを追加できることが多かった。

 しかし、本体が小型のパソコンや液晶画面と一体化した省スペースパソコンは、内部にハードディスクを増設する場所(ドライブベイ)がないことも多い。この場合は、IDE接続のハードディスクを増設することはできない。

 ハードディスクの増設には、IDEのほかにSCSIという方式もあった。しかし今は、SCSIを使う機会は減り、USBやIEEE1394などの方法を使うケースが増えている。これらの方法は、基本的に外付けになる。一方、内蔵ハードディスクの接続方法は、その後、SATA という方式が主流になった。

 なお IDEには、より具体的な規格がある。これは、ATAとATAPIのページで説明しているので関心があれば見てほしい。それと、IDE で機器を接続するときは、マスターやスレーブといった設定が必要になる。これも別のページで。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top