用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【まるシー】

  • Copyright
  • コピーライト
  • 著作権

 著作権のことを、英語で Copyright(コピーライト)という。そして、著作権の表示をするとき、Copyright の略として丸で囲んだ C を使うことがある。これを、一般に「まるシー」と呼んでいる。

 人間が、新たに考えたり生み出したものやことを知的財産という。そして、これは知的財産権によって制作者の権利が守られている。つまり、他人が生み出したものを勝手にマネしたり利用してはいけないということだ。知的財産権は、著作権と工業所有権に分けられる。

 ざっくり言って、著作権は、文学、美術、音楽などの芸術表現や学術研究によって生み出された著作物を守るもの。それが生み出された時点で、自動的に制作者に権利が発生するとされている。

 工業所有権は、発明の特許や実用新案、デザインなどが対象になっている。こちらは、申請登録によって権利が生まれるのが基本だ。

 さて、パソコンを使っていて著作権、あるいは Copyright という言葉を目にするのは以下のふたつのケースだと思う。

 まず、ソフトウェアを使うとき。いわゆるソフトも、著作物として扱われていて、著作権によって制作者の権利が守られている。そのため、ソフトを買うということは、一定の条件の下でソフトを使う権利を買っていることになる。このあたり、使用許諾契約の説明を見てほしい。

 なお、無料で配布されているフリーソフトの中には、制作者が著作権を手放しているものもあって、これは著作権フリーと呼ばれる。

 それと、インターネットのホームページの下の方に、Copyright と表記されていることが多い。これは、「このホームページに掲載されている文章、写真、イラスト、音楽、映像などには著作権があります」という主張だ。だから、「勝手に流用や引用されては困ります」という意味が込められている。また、そのホームページ自体にも著作権があると考えられる。そのため、そのホームページの内容を使いたいときは、制作者に連絡して許可をもらう必要がある。

 なお、前述のように著作権は、著作物が生み出された時点で自動的に発生する。そのため、たとえ Copyright の表示がなくても文章や写真、イラストなどすべてに著作権があって、それは守られないといけない。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top