用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ひな形】

  • テンプレート
  • フォーム

 ワープロソフト、表計算ソフト、データベースソフト、プレゼンテーション、はがき作成ソフトなどに付いているレイアウト見本やサンプル。テンプレートでも、ひな形でもフォームでも普通は同じ意味と思っていい。しかし、一般的にはテンプレートということが多いとに思う。

 たとえば、マイクロソフト・オフィスを起動するとき「スタート」ボタンから「新しい Office ドキュメント」を選ぶと、あらかじめデザインされた文書を開くことができる。あとは、宛先や自分の名前を入れたり、本文を書いたりすれば見栄えのする文書になる。これが、典型的なテンプレートだ。

 もちろん、テンプレートを元にオリジナルの画像やレイアウトを加えてもかまわない。また、自分で作ったレイアウトだけの文書を保存しておいて、それをテンプレートとして使うこともできる。

 ホームページ作成ソフトにもテンプレートが付いていることが多い。ホームページは、タグと呼ばれる記号でレイアウトを指定している。そのため、プログラム的な要素も含めてテンプレートになっている。

 単体のソフトではなく、インターネット上で利用できるサービスとして、ホームページ作成用のテンプレートが提供されていることもある。この場合、画面の指示に従って文字や写真を入れていくと自動的にホームページができる。

 ほかにも、さまざまな状況でテンプレートという言葉が使われることがあると思う。しかし基本的には、そのまま流用可能な状態で提供されているデータだと考えればいい。なお、イラストや写真、効果音などの部品的なデータは、クリップアートや素材集として提供されている。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top