用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ひかり電話】

 NTT東日本とNTT西日本が提供している IP電話サービスの名称。光ファイバーを使ったインターネット接続サービス「Bフレッツ」の加入者が追加サービスとして利用できる。

 IP電話は、別のページで説明しているように、従来の電話とは違ってインターネット・プロトコル(IP)と呼ばれる方式を使って声をデータにして送る。回線も、IP用の専用回線を使ったりインターネットを使ったりする。

 一般の IP電話は、電話番号が 050 で始まったり、通話の品質が落ちることがあったり、かけられない番号があったりする。

 しかし、ひかり電話は従来どおりの電話番号(0AB~J)を使えるし、通話品質もいい。そして、ほとんどの番号にかけられる。つまり、従来の固定電話とほぼ同じ使い勝手を実現している。しかも、距離に関係なく固定料金なので通話料が安くなるケースが多い。また、電話機なども従来のものを使うことができる。

 ただし、従来の固定電話は停電中も利用できるケースが多いけど、ひかり電話は停電のときは通話できない。また、G4 FAX機は通信できない。とはいえ、G3 までの FAX は大丈夫なので家庭用のFAX機 はほとんど影響がない。

 なお、「光電話」と漢字で書いた場合は、NTT東西のサービスに限らず光ファイバーを使った IP電話全般を指すことが多い。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top