サービス / 製品から探す

Salesforce®連携サービス メール履歴と顧客 / 案件情報を紐付ける、
Salesforceユーザー向け拡張アプリケーション
MessageCare® for Salesforce MessageCare for Salesforce

おすすめユーザー

概要

Salesforceを利用して顧客・案件情報を最大限活用するには、様々な情報をタイムリーにSalesforceへ集約する必要があります。しかし顧客情報として特に重要な情報源であるメールは、顧客・案件情報と紐付けて管理しにくいのが実態。
この問題を解決するのが、Salesforceユーザー向けメール機能拡張アプリケーションMessageCare for Salesforce(以下、MessageCare)です。メールサーバーとSalesforceを連携させ、両者の画面を統合することで、顧客・案件情報への登録が容易に。タイムリーな顧客情報の可視化と、情報集約による業務効率化を実現します。

MessageCare® for Salesforce:概要図

特長

特長1顧客・案件情報の密度を高め、営業力・CS力アップに貢献

わずか2クリックのシンプルな操作で、メールをSalesforce上の顧客情報に紐付けできます。煩雑な手順が不要になることで、情報登録が容易になります。
これにより顧客とのメールでのやり取り・履歴がSalesforce画面で見える化され、複数人での対応や引き継ぎ、部門をまたいだプロジェクトの進捗状況など、関係者間での正確かつ効率的な情報共有を実現。
顧客の潜在的な要望や、案件の温度感まで共有できるため、クロス/アップセルや先手を打った顧客サポートの提供などにつながります。

Salesforce上でメールをすぐに確認!

MessageCare® for Salesforce:特長1_01

顧客情報との紐付けも簡単!

MessageCare® for Salesforce:特長1_02

業務に必要なメールだけ取り込める!

MessageCare® for Salesforce:特長1_03

特長2モバイルでの“使いやすさ”を追求し、Salesforceの活用を促進

モバイル端末の場合、Salesforceとメーラーを行き来しながら案件情報などを登録するのは、煩雑で大変。情報登録のハードルとなっています。
MessageCareではこの2つが統合され、メールの顧客/商談情報登録をSalesforce1モバイルアプリケーションだけで完結できます。
営業担当者は商談状況の登録における手間が省け、管理者は案件の進捗状況がタイムリーに把握でき、双方に大きなメリットをもたらします。最終的にSalesforceの活用度が高まり、戦略的な顧客・案件管理が可能になります。

タップ操作でメールを確認・簡単登録!

MessageCare® for Salesforce:特長2

ラインナップ

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

※Salesforce、Salesforce1は、セールスフォース・ドットコムの商標です。
※「MessageCare」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top