選ばれる理由

NTTPCは、「共創力」「技術力」「解決力」を駆使して、中堅中小企業をはじめ、様々なお客さまに寄り添ったソリューションを提供しています。

  • 共創力
  • 技術力
  • 解決力

共創力

お客さまの、必要不可欠なパートナーをめざして

いかなる要望にも柔軟に相対し、課題解決と新たな価値の創出にお客さまと共に取り組みます。

お客さまの声

  • 「かゆいところに、手が届く。」

    ネットワークに絡む数々の問題と要望。
    NTTPCのワンストップ対応がなければ更改に踏み切れませんでした。

    株式会社ヤマダ・エスバイ エルホーム さま

    かゆいところに、手が届く。

    ネットワークにからむ数々の問題と要望。
    NTTPCのワンストップ対応がなければ更改に踏み切れませんでした

    株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
    管財本部 システム管理課
    統括課長 蒲田 久記さま(右)
    係長 岡本 龍太郎さま(左)
    〈総合住宅メーカー〉

    「トラフィック増加によるレスポンス低下」や「BCP対策の観点からの信頼性向上」などが課題で、ネットワーク更改をNTTPCにお願いしました。パフォーマンス強化に加え、コスト削減や回線・ルーターの保守 / 運用負担の軽減、セキュリティ強化など、かなり難しい要望をしたと思います。しかしNTTPCはそれらに対して、試行錯誤を繰り返しながらも1つひとつ的確な提案をくれました。また、約6ヶ月もの回線切り替え工事に伴う管理業務の負担が懸念されましたが、回線の調達から工事日程の調整までNTTPCがワンストップで対応してくれました。当社ではこうした対応が無かったら更改の決断に踏み切れなかったでしょう。まさに“かゆいところに手が届く”対応でしたね。こうして無事、有線と無線をミックスした“理想形に限りなく近い”ネットワーク構成で全国約110拠点の更改プロジェクトを成功させることができ、本当に良きパートナーだと実感しました。

  • 「運命さえ感じた、協力者との出会い。」

    M2M+クラウドで、100年変わらなかった水道メーターを革新。
    実現の秘訣は、NTTPCの総合的視点と高い技術力でした。

    大豊機工株式会社 さま

    運命さえ感じた、協力者との出会い。

    M2M+クラウドで、100年変わらなかった水道メーターを革新。
    実現の秘訣は、NTTPCの総合的視点と高い技術力でした。

    大豊機工株式会社
    代表取締役社長 田中 剛さま(左)
    公共システム部
    営業技術システムマネージャー
    宮部 昭弘さま(右)
    〈情報・計装システムベンダー〉

    次世代の水道メーター開発に際し、携帯電話網を使ったM2Mに着目しました。しかし、いずれの事業者も部分的な提案ばかりで、その方法論を共有できるパートナーがなかなか見つかりません。そんな時に行きついたのが、NTTPCのIoTソリューションでした。総合的な視点のもと、通信インフラとクラウドをワンストップで提供できる協力者との出会いには、運命さえ感じましたね。メーターとM2M端末とのインターフェースづくりでも、NTTPCの技術力がモノを言いました。見慣れた水道メーターを模したデザインは、NTTPCの助力がなければ実現しなかったものです。これまで100年間変わらなかった水道メーター。それがリモート自動検針はもちろん、利用有無の遠隔把握などで新規ビジネス展開も狙える革新的なメーターに生まれ変わったのは、優れたパートナーとの出会いがあったからです。

  • 「新規事業への扉を開いた、救世主。」

    IoTを活用した、太陽光発電統合監理システム。
    新サービス誕生は、課題を一気に打ち破ったNTTPCの技術とアイデアに
    ありました。

    株式会社Looop さま

    新規事業への扉を開いた、救世主。

    IoTを活用した、太陽光発電統合監理システム。
    新サービス誕生は、課題を一気に打ち破ったNTTPCの技術とアイデアにありました。

    株式会社Looop
    事業本部 営業企画部
    相川 正昭さま(左)
    事業本部 O&M事業部
    中山 光博さま(右)
    〈太陽光発電システム事業者〉

    弊社が新たに展開する太陽光発電所統合監理プラットフォームは、新規契約が月100台ペースで増加しているという順調ぶりですが、そこに至る道のりは平坦ではなく、NTTPCとのタッグがなければ実現しなかったでしょう。リモート監視のアイデアは以前からあったものの、具現化する手段が分からず現地保守に走り回る日々。また、様々な通信事業者に打診しましたが、どこも膨大な通信コストや初期投資、セキュリティなどがネックで手詰まり状態でした。そんな壁を一気に打ち破り、窮地から救ってくれたのがNTTPC。まさに救世主でしたね。さらに、その提案は単なる通信インフラの整備に留まらず、「IoTを活用して、こうすればもっと良くなる!」というビジネスアイデアを一緒に考えてくれたのです。NTTPCの期待を上回る提案と技術支援が、サービス品質とユーザーベネフィットの向上をもたらしてくれました。

  • かゆいところに、手が届く。
  • 運命さえ感じた、協力者との出会い。
  • 新規事業への扉を開いた、救世主。

営業・CSの声

  • 私が、大切にしている言葉たち-。

    共に走り、共に成長し続ける。
    「二人三脚」で、お客さまの事業立ち上げを一から支えます。

    営業本部 第三営業部
    大鶴 夏実

    私が、大切にしている
    言葉たち-。

    共に走り、共に成長し続ける。
    「二人三脚」で、お客さまの事業立ち上げを
    一から支えます。

    営業本部 第三営業部
    営業担当 大鶴 夏実

    私は、OEM担当営業として、お客さまがNTTPCサービスを活用して、自社ブランドで新規事業を立ち上げるためのお手伝いをしています。ビジネスモデルの検討段階からお客さまと幾度となく議論を重ね、事業の立ち上げまでお客さまと歩調を合わせて設計、構築していきます。当然、その間にはさまざまな壁や苦労が立ち塞がります。数年がかりのプロジェクトも珍しくありません。それゆえに、お客さまの事業・サービスが無事にオープンした瞬間は、さまざまな"想い"が込み上げてきて、感動や喜びもひとしおです!
    しかし、その後もお客さまとの二人三脚は続きます。サービスを軌道に乗せ、さらなる事業拡大を支えるために・・・。
    NTTPCには、お飾りではなく、本当に素晴らしい理念と行動指針があります。

    「変化の兆しを見つけて進化に導け」「先手を取り速く動き出せ」「妥協せず徹底的に考え抜け」「窮地をチャンスに変えて進め」「やりたいことに挑み続けよ」

    私が大好きで、大切にしている言葉たちです。
    お客さまや市場のスピード感に遅れを取らぬよう、走りながら努力する。その努力がお客さまのサービスの魅力となり、事業拡大につながる。私はこれからも、お客さまと共に走り、共に成長し続けます。

  • 実は「人見知り」。
    けど人と触れ合う営業が大好き

    お客さまと真摯に、そして「楽しく」向き合う-。
    女性ならではの細やかな視点や気配りを心がけています。

    営業本部 第二営業部
    三木 理恵

    実は「人見知り」。
    けど人と触れ合う
    営業が大好き

    お客さまと真摯に、そして「楽しく」向き合う-。
    女性ならではの細やかな視点や気配りを
    心がけています。

    営業本部 第二営業部
    営業担当 三木 理恵

    私は、NTTコムグループ向けのパートナー営業として、ネットワーク系からクラウド系まで幅広いサービスを担当しています。
    そんな私ですが、実は「人見知り」なんです(笑)
    それでも辛いと感じたことは不思議とありません。いつも意識していることは、「"お客さま"を知り、"私"を知ってもらう」こと。
    例えば、全国のグループ支社、営業所などを訪問する機会が多くあるのですが、お客さまとお話する際は、その土地ならではの話題を取り入れるようにしています。地場の話をすると、お客さまとの距離がぐっと縮まるんです。
    お客さまと真摯に、そして何より「楽しく向き合う」ことが大事だと感じています。
    NTTPCは、NTTコムグループの中でも"機動力"や"ヒト"を強みとした、とても個性的で面白い会社です。
    そんな会社を代表する営業ウーマンとして、常にアンテナを高くしつつ、女性ならではの視点や気配りを生かした、細やかなコミュニケーションを心がけていきたいと思ってます。

  • "鯖"から"サーバー"へ

    元・板前という変わった経歴ですが(笑)、
    「お客さまを満足させたい!」という想いは共通です。

    営業本部 第四営業部
    毛利 貴也

    ""から
    "サーバー"へ

    元・板前という変わった経歴ですが(笑)、
    「お客さまを満足させたい!」という
    想いは共通です。

    営業本部 第四営業部
    営業担当 毛利 貴也

    幅広い業界のお客さまを担当していますが、中でもゲームやコンテンツ配信会社、クラウド事業者など、商用基盤系の提案を得意としています。
    言いたくても開示できない案件ばかりですが(笑)、私が担当したとあるオンラインゲーム基盤、リリースまでには紆余曲折ありましたが、その後に大流行したときの感動は、いつまでも忘れることができません。
    商用基盤の場合、そのシステム要件は事業者さま毎に"千差万別"です。
    そうした要望に応え続けるため、業界や技術的な専門知識の勉強はもちろん、適した提案が自社に「なければつくる」という発想を大事にしています。
    実際、お客さまの声から生まれたサービスがNTTPCには数多くあります。そんなお客さま思考のスタンスとフットワークの軽さがNTTPCの魅力であり、私の誇りです。
    実は、私は「元・板前」というIT業界では異色の経歴です。
    さばく対象は"鯖"から"サーバー"に変わりましたが(笑)、「お客さまの嗜好に合わせて、満足してもらえる逸品を提供する」という意味では、何ら変わらないのかもしれません。

  • お客さまの声が、私の原動力。

    貴重な声を、お客さまに一番近いところで。
    真に価値あるサービスは、お客さまの声によって生まれ育ちます。

    テクノロジー&オペレーション開発本部 第一オペレーション開発部
    平林 有紀

    お客さまの声が、
    私の原動力

    貴重な声を、お客さまに一番近いところで。
    真に価値あるサービスは、
    お客さまの声によって生まれ育ちます。

    テクノロジー&オペレーション開発本部
    第一オペレーション開発部
    カスタマーフロント担当 平林 有紀

    一番お客さまに近い部署のひとつであるコールセンターで、ご意見、苦情、喜びの声を聞き、それをより良い商品、サービスに結びつけるのが私のミッションです。ですからお客さまの声は、私の原動力。
    ただ、ご連絡をくださる方はほんの一部で、ほとんどのお客さまとお話する機会がないのが大きな悩みでした。
    そこで2014年の夏にスタートさせたのがNPS(※)です。この顧客ロイヤルティを測る調査で、品質向上のPDCAサイクルが実現しないかと考えたのです。
    真に価値ある商品やサービスは、お客さまの声によって生まれ育つのだと思います。
    まだトライ&エラーの繰り返しですが、日々の業務とNPSの推進に真剣に取り組みたい。お客さまの声をお客さまが必要とするソリューションにしてお返しできる存在になれたらと、私はいつも願っています。

    ※NPS(Net Promoter Score):お客さまに対して「あなたはNTTPCの製品・サービスを友人に薦めますか?」と質問し、その評価をもとに継続利用意向、顧客ロイヤルティを測る調査方法。

  • お客さまの苦労が、目に浮かんだ時。

    受注したことよりも、お客さまの満足が喜び。
    会話の中からお客さまの悩みを掴み、解決の提案ができました。

    営業本部 第二営業部
    中水 菜月

    お客さまの苦労が、
    目に浮かんだ時。

    受注したことよりも、お客さまの満足が喜び。
    会話の中からお客さまの悩みを掴み、
    解決の提案ができました。

    営業本部 第二営業部
    営業担当 中水 菜月

    インターネットVPNの更改を検討なさっていたガス給湯器関連のお客さまに、提案を差し上げた時のことです。
    どんなプランなら喜んでもらえるか、あれやこれやと検討。
    NTTPCにはネットワーク以外のサービスも数多く揃っていることから、将来的な拡張性を考えた課題解決のお話をしました。その結果、VPNに加えて採用くださったのが、セキュアなリモートアクセスを実現するモバイルサービスでした。
    以前、商談で伺った際に「現場でスマートフォンを使って撮影した写真を事務所に戻ってサーバーにアップするのが手間だ」というお話を聞き、その方の苦労がハッキリと目に浮かんだのです。
    私自身、社外でメールをチェックするため、お客さま目線で使い勝手のよさをデモをしながら説明差し上げたところ、採用くださることになりました。導入後に「業務効率が上がったよ」との声を頂戴し、なによりお客さまがご満足くださったことに、喜びを感じた瞬間でした。

  • お客さまの悩みを、共有したかった。

    大規模ネットワーク更改をめぐるさまざまな問題。
    お客さまの課題を解決する提案に情熱をかけました。

    営業本部 西日本支社
    上田 卓義

    お客さまの悩みを、
    共有したかった。

    大規模ネットワーク更改をめぐる
    さまざまな問題。お客さまの課題を
    解決する提案に情熱をかけました。

    営業本部 西日本支社
    営業担当 上田 卓義

    VPNサービスやサーバーの保守・運用など、インターネット設備をパートナー毎に確認・対応なさっていたお客さまに、NTTPCでの一元対応、コスト削減を提案した時の話です。
    営業現場で大切にしたのは、お客さまの思いをダイレクトに受け止めようということでした。
    どんな悩みをお持ちなのかはもちろん、他部門からの声、親会社からの要望にも真剣に向き合い、ご担当者さまの思いを自分のこととして共有したかったのです。
    実は、プロジェクトの過程でお叱りを受けたことは、1度や2度ではありません。私の知識が足りずに、「悩みを共有したい」という願いが空回りしたからです。
    しかしその精神で頑張り続けた結果、山あり谷ありではありましたが、お客さまと共に設備更改を実現し、「NTTPCがいなかったら更改できなかった」という営業冥利に尽きるお言葉を頂戴することができました。

  • 私が、大切にしている言葉たち-。
  • 実は「人見知り」。けど人と触れ合う営業が大好き
  • 鯖からサーバーへ
  • お客さまの声が、私の原動力。
  • お客さまの苦労が、目に浮かんだ時。
  • お客さまの悩みを、共有したかった。
toggle contents

技術力

革新に挑み続ける、確かな技術

世の中に役立つテクノロジーの実現のために、時代の先を見続けてきました。

技術革新の歩み

  • その技術は、憧れの的へ。

    時代の先端をゆく、パソコン通信。
    ネットワーク時代の黎明期を切り拓く−。

    その技術は、憧れの的へ。

    時代の先端をゆく、パソコン通信。
    ネットワーク時代の黎明期を切り拓く−。

    1985年~1989年
    ここから、日本のネットワーク技術の歴史がスタート

    NTTPCが産声をあげたのは、1985年9月。電電公社が民営化し、現在のNTTへ。そしてコンピューターの主流が大型機からパソコンへ移行し、ビジネスにも普及し始めた時代でした。「すべてのパソコンのネットワーク化を実現する」という壮大なミッションを掲げて誕生したNTTPCは、約1年半にわたる通信実験やシステム検証を経て、ついに商用パソコン通信ネットワーク「NTTPCネットワーク」を提供。草の根BBSが日本各地で立ち上がっていた当時、「NTTPCネットワーク」は郵政省が定めたJUST-PC手順を採用することで、圧倒的な通信速度と高品質を実現し、パソコン通信の最先端としてユーザーの憧れの的となったのです。年号が昭和から平成に変わる頃には、アメリカでの電子メール市場にも参画。「NTTPCネットワーク」は日系企業にも評価され、大いに需要を伸ばしました。以降、IDSNパケット網工事やデータベースセンター開設に着手し、ネットワーク構築・サービスのリーディングカンパニーへの道を歩み始めます。

  • 技術と努力を積み重ね、国内初の快挙。

    LAN、フレームリレー、IPで広がる技術。
    芽吹いたインターネットの情熱は、“アップルパイ”から始まった−。

    技術と努力を積み重ね、国内初の快挙。

    LAN、フレームリレー、IPで広がる技術。
    芽吹いたインターネットの情熱は、“アップルパイ”から始まった−。

    1990年~1994年
    社内に設置されたインターネット準備室

    90年代に入るとパソコン通信市場は一気に拡大し、オフィスでは1人にパソコン1台が当たり前、という時代になります。そうして、LAN経由のパソコン通信やプライベートネットワーク網構築へのニーズが高まる中、NTTPCはLAN対応電子メールシステムや顧客専用DBシステムなど、先進的なサービスを次々と開発。さらにアクセスポイントの設置都市を約2倍に拡大し、ユーザーの利便性を大きく高めました。そして、続くデータ通信高速化のニーズを受けて、NTTPCはいち早くフレームリレーやIP技術へ取組んでいきます。インターネットに目を向けたのは、1993年頃のこと。「社員がMosaicを活用してアップルパイを注文し、アメリカから届く」という出来事が、新たなネットワークビジネスを予感させました。芽吹いた情熱は、全国の国立大学間を結ぶスーパーハイウェイ・ネットワーク「学術情報ネットワークシステム」を実現。1994年、日本初の快挙でした。これを機にグループ内でインターネット事業を担うことになり、社会的にも関心を集めたISP(インターネットサービスプロバイダー)事業の礎を築いていきます。

  • インターネット、加速の原動力に。

    法人向けLAN-WAN構築やIP網のOEM提供で、ISP事業を拡大。
    いち早くLAN技術を確立し、ユーザー評価No.1のネットワークベンダーへ−。

    インターネット、加速の原動力に。

    法人向けLAN-WAN構築やIP網のOEM提供で、ISP事業を拡大。
    いち早くLAN技術を確立し、ユーザー評価No.1のネットワークベンダーへ−。

    1995年~1999年
    インターネットの一時代を築いた「InfoSphere」

    時は1995年。Microsoft®のWindows95®登場を皮切りに、企業・個人ともに情報ネットワークへの投資が一気に増加し、インターネットは爆発的な勢いで普及していきます。現在のイントラネットを“プライベートLAN”という呼び名で構築した実績をもち、1990年にはLAN技術を確立していたNTTPCは、いち早くインターネット接続サービス「InfoSphere®」の提供を開始。民間企業のLAN-WANシステム構築を推進する一方で、大手プロバイダーへも IP網のOEM提供をスタート。「So-net」や「MSN」などを誕生させています。さらに、インターネットや企業内ネットワークの拡大基調を受け、1997年にはサーバーハウジングサービス「WebARENA®」の提供を開始。この年に、「InfoSphere」が「日経コミュニケーション」誌でプロバイダー・ランキングの専用線接続No.1に選ばれ、国内バックボーンやサポート体制の充実が高く評価されました。

    ※Microsoftは、米国Microsoft Corporation およびその関連会社の商標です。 Windows95は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    ※「InfoSphere」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。
    ※「WebARENA」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

  • すべてをワンストップで、という思想。

    高いセキュリティと通信品質を兼ね備えたIP-VPNを提供。
    多様なネットワーク要件に応える思想を、強みに−。

    すべてをワンストップで、という思想。

    高いセキュリティと通信品質を兼ね備えたIP-VPNを提供。
    多様なネットワーク要件に応える思想を、強みに−。

    2000年~2004年
    社員を登場させた企業広告

    世界的な景気減退傾向で幕を開けた2000年代に入ると、NTTPCは当時の森政権が掲げた「e-Japan構想」を見据えて、高速・安価な情報通信網の整備を戦略的に展開。「ISO9001」の認証も取得し、他社との差別化を図っていきます。当時、法人企業が望んでいたのはセキュリティや通信品質の向上で、インターネットを介さない閉域専用網「IP-VPN」が注目されていました。そこで、企業規模や目的に合わせた柔軟なネットワーク構成を実現し、さらに高いセキュリティとパフォーマンスを兼ね備えたVPN構築サービスの提供を開始。コンサルティングから設計、構築、保守、運用まですべてワンストップで提供することで、お客さまの不安と負担を解消し、多様なネットワーク要件に応える柔軟なVPNを実現したのです。この「ワンストップ」という思想は、NTTPC最大の強みの1つとして現在に至るまで引き継がれています。一方この頃、Webホスティング / ハウジング事業でもユーザー評価No.1を獲得し、そのシェアを着実に拡大していきました。

    ※e-Japan構想:当時の森喜朗首相が掲げた、日本型IT社会の実現を目指す構想。「5年以内に世界最先端のIT国家となる」ということを表明しました。

  • 時代ニーズに応える、創造と挑戦。

    積極的な、新サービス展開と品質改善。
    お客さまのITインフラを高い信頼性で支えるために−。

    時代ニーズに応える、創造と挑戦。

    積極的な、新サービス展開と品質改善。
    お客さまのITインフラを高い信頼性で支えるために−。

    2005年~

    2005年以降、J-SOX法や“クラウド”の登場、リーマンショックといった激動の時代背景を受けて、セキュリティや可用性の強化、コスト削減などが企業ITのトレンドとなっていました。NTTPCではこうした時代ニーズに応えるべく、フレッツ回線を利用したベストエフォート型VPNや、UTMと24時間365日の有人監視を組み合わせたセキュリティ・アウトソーシングなど、新サービスを矢継ぎ早に展開。また、MVNO事業への進出によるモバイルサービスの提供や、拡張性に富んだ先進的なデータセンターの開設を推し進めていきます。もちろんその間、サービス品質の改善にも挑戦し続けました。新たなバックボーン・ネットワークの構築に着手し、冗長構成による単一障害点のリスク回避や網内故障時のトラフィック100%救済、フレッツ回線まで含めて99.99%の稼働率を保証する業界初のSLAなど、高い信頼性を実現していったのです。そして、700社に上る顧客案件で醸成された経験と知見を結集し、以降はクラウドサービスを中心として、よりトータルに企業のITインフラを支えるビジネスモデルを創造していくことになります。

    ※フレッツは、NTT東日本・NTT西日本の登録商標です。
    ※ベストエフォート型となります。回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度は低下する場合があります。

  • その技術は、憧れの的へ。
  • 技術と努力を積み重ね、国内初の快挙。
  • インターネット、加速の原動力に。
  • すべてをワンストップで、という思想。
  • 時代ニーズに応える、創造と挑戦。

エンジニアの想い

  • 子供たちに、誇れる仕事を。

    社会インフラに必要不可欠なネットワーク。
    その技術開発で、社会に貢献したい-。

    サービスクリエーション本部 第一サービスクリエーション部
    中田 一郎

    子供たちに、
    れる仕事を。

    社会インフラに必要不可欠なネットワーク。
    その技術開発で、社会に貢献したい-。

    サービスクリエーション本部
    第一サービスクリエーション部
    サービスクリエーション担当 中田 一郎

    ネットワークは、生活をより便利に、快適に、そして効率を上げるための社会インフラです。
    私の担当は、そのネットワークの基盤となるネットワークサーバーソフトの開発です。それはネットワークへ接続するための認証や、ネットワークを快適に使うための通信量を調整するシステム、安全な通信のための暗号化システムなど、多岐に渡ります。
    これらのソフトウェアは、今日のネットワークには必要不可欠なものです。
    私は、社会に貢献することをモットーに仕事に取り組んできました。いつの日か自分の子供たちに、「自分がどんなに素晴らしい仕事をしてきたのか」を自信をもって伝えられるよう、今後もネットワーク技術開発に、そして社会に貢献できる仕事を、誇りをもって全うしていきたいと考えています。

  • それは、お客さまにとって
    より良い選択か?

    闇雲に、最新技術を投入すればいいわけではない。
    真の課題をみつけ、柔軟に解決することが私の提案スタイルです。

    営業本部 営業企画部
    海保 人士

    それは、お客さまにとって
    より良い選択か?

    闇雲に、最新技術を投入すればいいわけではない。
    真の課題をみつけ、柔軟に解決することが
    私の提案スタイルです。

    営業本部 営業企画部
    開発営業担当 海保 人士

    ネットワーク機器の高性能化・低価格化によって、お客さまの要望を技術的に実現できる範囲が広がっています。
    ただ、要望をそのまま実装するのではなく、経済面、運用、セキュリティなどを多角的に考え、適切な構成にすることこそ、何より重要です。
    以前に私が企画したNGN(次世代ネットワーク)とIPv6を用いたVPNサービスは、それを象徴するようなものでした。NGNはIPv6アドレスが不定のため、そのままではVPNを構築することはできません。そこでIPv6にこだわらず、IPアドレスが固定可能なIPv4を併用することで、高品質、高速VPNを構築したのです。
    闇雲に最新技術を投入するのではなく、真の課題を把握し、柔軟な考えで解決策を生み出す——私は常にそのことを考えながら、お客さまへの提案に取り組んでいます。

  • お客さまに、完璧な提案を差し上げたい。

    資格は目的ではなく、技術に真剣に向き合った結果に過ぎない。
    その原動力は、「お客さまに貢献したい」という想いです。

    サービスクリエーション本部 システム&サービスインテグレーション部
    安井 強

    お客さまに、完璧
    提案を差し上げたい。

    資格は目的ではなく、技術に真剣に
    向き合った結果に過ぎない。
    その原動力は、「お客さまに貢献したい」
    という想いです。

    サービスクリエーション本部
    システム&サービスインテグレーション部
    システム&サービスインテグレーション担当 安井 強

    CISSPやCCIE、LPICレベル3、MCSEなど、私はこれまで数々のITエンジニア資格を取得してきました。
    モチベーションは、ズバリ「より高いレベルでお客さまに技術を提供したい」という願い。資格は目的ではなく、技術に真剣に向き合った結果でした。
    初めて資格を取得したのは、新入社員の時です。デキる先輩エンジニアを見て「あの人のようになりたい」と思い、またお客さまと接していて「この人に完璧な提案を差し上げたい」と思ったのが出発点。
    その気持ちはずっと変わることなく、今でも私の技術を支えてくれています。
    現在では、ネットワーク、サーバー、セキュリティなどのインフラシステムについて、マルチにコンサルティング提案ができるまでになりました。これに満足することなく、さらに技術を磨き続けたいと考えています。

  • 先進技術で、世の中を変えていく−。

    将来的に重要なソリューションになると確信。
    日本における、分散ストレージ導入・促進の道を、切り拓いてきました。

    サービスクリエーション本部 第一サービスクリエーション部
    高橋 敬祐

    先進技術で、
    世の中を変えていく−。

    将来的に重要なソリューションになると確信。
    日本における、分散ストレージ導入・促進の
    道を、切り拓いてきました。

    サービスクリエーション本部
    第一サービスクリエーション部
    サービスクリエーション担当 高橋 敬祐

    エンジニアとしてこれまで私が心に抱いてきたのは、「時代を先取る技術で世の中を変えていきたい」という願いです。
    クラウドやビッグデータという言葉すらなかった時代に米国シリコンバレーに赴き、分散ファイルシステムGlusterFSの開発元CEOとディスカッションしたのも、そんな願いから。
    この優れた技術が将来的にデータ蓄積のための重要なソリューションとなることを確信していましたし、まさに自分が開発したいものでもあったのです。これこそ、オープンソース・ソフトウェアのチカラであり醍醐味と言えるでしょう。
    のちの、日本におけるGlusterFSニーズの高まりを受け、「ビジネスを変えていきたい」と願うさまざまなお客さまに対し、この技術をお届けすることができました。
    現在も、ソフトウェア開発の傍ら、オープンソース・コミュニティでの情報受発信を通して、さらに新しい技術展開を探る日々です。

  • 子供たちに、誇れる仕事を。
  • それは、お客さまにとってより良い選択か?
  • お客さまに、完璧な提案を差し上げたい。
  • 先進技術で、世の中を変えていく−。
toggle contents

解決力

新たな価値を、創出するために

価値の源は、技術と人間力。サービスの枠を超えてお客さまのビジネスを支えます。

お客様の不可欠な一部として

  • インフラではなく、“価値”を提供したい。

    セキュアなワンストップIoT、マルチクラウド−。
    時代ニーズとともに、お客さまのビジネスを成功に導く技術とソリューションを提供します。

    インフラではなく、“価値”を提供したい。

    セキュアなワンストップIoT、マルチクラウド−。
    時代ニーズとともに、お客さまのビジネスを成功に導く技術とソリューションを提供します。

    CDI (Cloud Data Integration)で新たな価値創造を

    パソコン黎明期の30年前に誕生し、国内におけるインターネット普及の先駆けを務めたNTTPCは、当時から常に時代ニーズにあわせたサービス / ソリューションを開発し、挑戦の歴史を積み重ねてきました。それは現在も変わることなく、ネットワークやデータセンター、クラウド事業で培ってきた技術とノウハウをベースとし、次のクラウド時代を見据えたビジョンとして「Cloud Data Integration」を掲げました。私たちの全社共通の想いは、お客さまに「単なる通信インフラではなく、“価値”を提供したい」ということ。お客さまの抱える課題を解決し、ビジネスを成功に導くためのソリューション開発をこれからも模索し続けます。

    ◆IoT
    NTTPCのIoTソリューションは、IoTプラットフォームを中核に、インターネットを経由しないセキュアな通信網や収集データの可視化 / 分析など、IoTビジネスに必要な要素を“ワンストップ”で提供。また、ビジネスモデル構築のコーディネートや業界別カスタマイズにも対応し、お客さまのビジネス改革および新規事業化におけるクイック&スモールスタートを実現します。

    くわしく見る

    ◆マルチクラウド
    お客さまデータセンターやNTTPCのクラウドに加え、AWSやSalesforce、Azure、SoftLayerといった多彩なパブリッククラウドをセキュア&シームレスに接続できます。これにより、お客さまはビジネス要件・ニーズにあわせて、より柔軟にそれぞれのクラウドサービスがもつメリットを「いいとこ取り」したエコシステムを構築することが可能となります。

    くわしく見る
  • 世界190ヶ国へ、
    セキュア&シームレスに。

    日本国内と世界を結ぶ、グローバルネットワーク&データセンター。
    高品質・高信頼なICTで、お客さまのグローバルビジネスをサポートします。

    世界190ヶ国へ、セキュア&シームレスに。

    日本国内と世界を結ぶ、グローバルネットワーク&データセンター。
    高品質・高信頼なICTで、お客さまのグローバルビジネスをサポートします。

    世界190ヶ国/地域をカバー

    活発化する日系企業のグローバル展開ですが、日本国内と勝手が異なる海外でのICTインフラ構築・運用に関しては、多くの企業が何らかの課題を抱えています。そこでNTTPCでは、営業拠点や工場などのグローバル展開を考えるお客さまのために、グループの強みをいかした海外へのネットワーク接続や海外データセンターの提供を始めます。

    グローバル専用線やグローバル有線 / 無線M2Mなどへ対応し、世界190ヶ国 / 地域の海外拠点と国内ネットワークを接続。セキュアで安定した、国内外のシームレスな連携と一元運用を実現します。さらに、高品質な設備・オペレーションが整ったグローバルデータセンターを世界140拠点で展開。「日本で行っているビジネスをそのまま海外でも展開したい」、「ある地域の災害がグローバルに影響を与えるという不安を払拭したい」というお客さまの、スムーズな海外進出を支援します。

  • 妥協なき、高品質の追求。

    確実な問題把握と、改善の一手を−。
    お客さまの安心を目指して、サービス品質の維持・向上に努めています。

    妥協なき、高品質の追求。

    確実な問題把握と、改善の一手を−。
    お客さまの安心を目指して、サービス品質の維持・向上に努めています。

    品質維持・向上への意識づけとPDCA

    障害・故障やトラブルを、確実にゼロにすることはできません。しかし、そのリスクをなるべく低減させるための努力は可能です。NTTPCでは、お客さまが安心してご利用になれる高信頼なサービス提供のために、日頃より品質維持・向上への意識づけとPDCAに取組み、確実な問題把握や早期の改善に努めています。その一例を紹介します。

    ◆セキュリティ脅威対策
    ・近年、多様化・大規模化する大規模サービス妨害に備え、IPネットワーク基盤にDDoS攻撃対策システムを導入。
    攻撃トラフィックを自動検知・廃棄することで、お客さまの通信被害を抑止
    ・サーバーOS / アプリケーションの脆弱性攻撃に迅速に対応するため、システム更改を含めた対策強化を実施

    ◆ネットワーク安定化
    ・フレッツ回線の安定化に向けて、各エリア毎のユーザー数、トラフィック量、伝送遅延などの常時管理や、帯域制御を実施

    ◆ネットワーク開発・工事における品質維持PDCA

    ※フレッツは、NTT東日本・NTT西日本の登録商標です。

  • 技術力だけじゃなく、人間力を。

    常にお客さま視点で、学ぶ、聴く、伝える−。
    お客さまのビジネスを中断しないよう、工事・故障対応のスキルを磨いています。

    技術力だけじゃなく、人間力を。

    常にお客さま視点で、学ぶ、聴く、伝える−。
    お客さまのビジネスを中断しないよう、工事・故障対応のスキルを磨いています。

    工事の品質向上に関する取り組み

    どんなにICT技術が進歩し便利なサービスが生まれようとも、それを利用するお客さま、そして提供・運用する私たちは共に“人”です。常にお客さま視点で考え、動けるスタッフがいてこそ信頼関係が生まれる−。お客さまの重要なビジネスインフラを担うNTTPCは、その責任を重く受け止め、お客さまから少しでも信頼される事業者を目指して、サービス品質や技術力だけでなく、「工事・故障対応」の品質向上にも全力を注いでいます。

    工事のヒューマンエラーを最小限に抑えるための取り組みとして、事前に作業リスクを確認する「工事前レビュー」を実施するとともに、知見の拡大をめざす「外部講師によるヒューマンエラー講習会」や、事例をベースに要因分析・対策アクションを検討する「ヒヤリハット共有会」などを開催。さらに進捗管理ルーツによる一元的な全体管理で、工事のプロセスをきめ細かくチェックしています。

    また、故障対応では、状況を正確に把握して迅速かつ確実な情報提供が行えるように、故障窓口においてIT専門知識だけでなく、電話対応レベルの改善に注力。窓口担当全員がフロントとしての意識とノウハウをもち、聴く力・伝える力を日々磨いています。

  • こだわりと責任の、SLA。

    すべては、お客さまの安心のために。
    高いサービス品質にこだわった厳格な保証契約を設定・実施しています。

    こだわりと責任の、SLA。

    すべては、お客さまの安心のために。
    高いサービス品質にこだわった厳格な保証契約を設定・実施しています。

    他社では保証していないフレッツ回線も含めたサービス稼働保証

    冗長化による高い可用性や24時間365日体制の保守・監視など、高いサービス品質にこだわりと責任を持つNTTPCでは、その使命を達成するために、厳格なSLA(サービス品質保証契約)を設定・実施しています。例えば、「Master'sONE」のIP-VPNサービスでは、他社では保証していないフレッツ回線も含めて、ネットワーク全体で99.99%のサービス稼働率を保証。また、「WebARENA」ホスティングサービスにおいては、100%のサーバー稼働率を保証するなど、数多くのサービスで品質保証契約を設定・実施しています。万一それらが実現できなかった場合には、翌請求時の利用額から稼働保証を下回った割合に応じた相当額を減額。お客さまが安心してサービスをご利用になれるための体制を整えています。

    ※SLA(Service Level Agreement):サービス品質に関してお客さまと取り交わす契約のこと。NTTPCが保証するサービス品質がNTTPCの責任において実現できない場合には、お客さまに所定の基準に応じてご利用料金を返金する契約。
    ※「Master'sONE」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。
    ※フレッツは、NTT東日本・NTT西日本の登録商標です。
    ※「WebARENA」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

  • 中堅・中小企業さまの“不可欠な存在”に。

    シンプルなICTソリューションでお客さまの事業を支え、
    企業の問題解決に不可欠な存在としてありつづけたいと考えています。

    中堅・中小企業さまの“不可欠な存在”に。

    シンプルなICTソリューションでお客さまの事業を支え、
    企業の問題解決に不可欠な存在としてありつづけたいと考えています。

    導入がゴールではなく、安定的なサービス提供・不断の改善により
    お客さまと一緒に進んでまいります。

    NTTPCは、創業以来、ICTの先端技術を駆使したサービスによりお客さまの抱えるさまざまビジネス課題を解決してまいりました。特に中堅・中小企業さまの一部となり、シンプルなソリューションでお客さまの事業を支えます。

    これからも、お客さまの事業拡大の一端を担うべく、その課題に対し各種ICTを駆使した解決策を提案します。また導入がゴールではなく、サービスを安定的に提供しつづけ、不断の改善により常にお客さまと一緒に進んでまいります。
    さらに、中堅・中小企業さま各々の課題解決事例からのノウハウを新たなサービス開発に活かし、多くのお客さまから求められるICTサービスを提供し続けてまいります。

    NTTPCは企業の問題解決に不可欠な存在としてありつづけたいと考えています。

  • インフラではなく、“価値”を提供したい。
  • 世界190ヶ国へ、セキュア&シームレスに。
  • 妥協なき、高品質の追求。
  • 技術力だけじゃなく、人間力を。
  • 先進技術で、世の中を変えていく−。
  • 中堅・中小企業さまの“不可欠な存在”に。

NTTPCのサービスマップ

NTTPCはICTにおける複数のサービス領域を提供しています。
各領域をまたぐ困難な課題にも、ワンストップでご要望にお応えします。

toggle contents
page top