用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【NAT】

 NAT は Network Address Translation の略で、日本語で「ネットワーク・アドレス変換」ということもある。 LAN(社内ネットワークなど)に接続されたパソコンから、インターネットを利用する際に使われている技術。

 インターネットに接続されているコンピュータや、LAN に接続されているパソコン等には、それぞれの機器を識別するために IPアドレスと呼ばれる数字が割り振られている。そして、インターネット用に割り振られた IPアドレスをグローバルアドレスといって、LAN の中で使う IPアドレスをプライベートアドレスという。

 グローバルアドレスは、あらかじめ登録された世界で唯一の番号になっている。一方、プライベートアドレスは LAN の中だけで有効な IPアドレスで、いろいろな会社や組織が同じ番号を使っている。

 そのため、LAN に接続されたパソコン等からインターネットを利用するときは、ルーターの中でプライベートアドレスをグローバルアドレスに変換している。インターネットから LAN に返ってきたデータは、グローバルアドレスからプライベートアドレスに戻して発信元のパソコンへ送る。

 こうした仕組みを NAT という。ただし NAT は、ひとつのプライベートアドレスを、ひとつのグローバルアドレスに対応させる(変換する)機能。そのため、同じ LAN の中の複数のパソコンから同時にインターネットを利用することができない。

 そこで今は、主に NAPT(Network Address Port Translation)という方法が使われている。NAPT は、IPアドレスにポート番号を加えて変換するため、インターネット契約がひとつでも同時に複数のパソコンでインターネットを利用できる。

 なお以前は、NAPT のことを IPマスカレードということが多かった。しかし今は、NAPT という名称に統一されている。

Nの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top