用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DSDS】

  • デュアルSIM・デュアルスタンバイ

 DSDS は デュアルSIM(シム)・デュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby)の略で、一般に SIMフリーと呼ばれるスマートフォンに装備された機能のひとつ。2枚の SIMカードで同時に待ち受けができる。日本では、2016年ころから普及し始めた。

 従来、スマートフォンを使うには大手キャリア(通信会社)と契約して、同時に端末(スマートフォン)を購入することが多かった。

 一方、MVNO と呼ばれる事業者が提供するサービスでは、一般に格安SIM などと呼ばれる SIMカード(契約者や電話番号などを特定する情報が記録された小型メモリーカード)を購入して、自分で用意したスマートフォンに挿して使うことができる。

 こうした方式が広まるなか、2枚の SIMカードを挿せるスマートフォンが登場してきた。ただし当初は、どちらを使うか利用時に切り替える必要があった。これを、DSSS(デュアルSIM・シングルスタンバイ)という。つまり、2枚の SIMカードが入るものの、使えるのは 1枚だけ。

 その後、2枚の SIMカードを入れておいて、切り替え操作なしで使える端末が出てきた。これを、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)という。ただし、同時に 2つの通信(通話)はできない。どちらか一方を使用中は、もう一方を使えなくなる。なお、片方でデータ通信中に、もう片方に電話の着信があったら、その電話を取ることはできる。

 なお、その後、2枚の SIM を入れておいて、同時通信(通話)ができる機種も出てきた。これは DSDA と呼ばれ、1枚でデータ通信を続けながら、もう 1枚で通話することが可能になった。

 さらに、DSDV という方式が登場した。これは、VoLTE と呼ばれるパケット方式の通話に対応している。ただし、同時待ち受けは可能なものの同時通信はできない。

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top