用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モード2】

  • SoE
  • 攻めのIT

 ICTアドバイザリ企業の大手、ガートナー(Gartner)社が提唱している、ITシステム分類のひとつ。一般にモード2 ということが多いものの、ほぼ同じ意味で SoE といこともある。これは、Systems of Engagement の略。

 従来、情報システムというと、経理会計や販売管理、商品管理や人事管理などの基幹系システムが主流だった。手間のかかる作業をシステム化することで効率を上げてコスト削減を図るのが主な目的だ。

 こうしたシステムは、高い信頼性や安定性が求められる。そのため綿密に計画して、順序立てて開発を進めていく、ウォーターフォール型開発が向いている。そして、こうしたシステムをモード1 という。

 一方、Webサービスや IT を基盤とした新しいビジネスの分野では、事業展開にも開発にもスピードが求められる。まずはサービスを開始して、必要に応じてシステムを増やしていく、あるいは改善していく。完璧を求めるのではなく、より実用性の高いものを目指す。そして、従来からある仕事をシステム化するのではなく、Web や IT を使って新しい仕事や価値を生み出していく。

 こうした情報システムを、モード2 あるいは SoE といって従来のシステムとは分けて考えるようになってきた。モード2 のことを「攻めのIT」ということもある。また、情報システムに求められることも、モード1的なものからモード2的なものの比率が上がっている。

 とはいえガートナーは、すべてがモード2 に置き換わるわけではないとしている。モード1のシステムも残り、共存していくという見解だ。これを、バイモーダルIT(2つの流儀のIT)という。

 なお、このモード1、モード2 という分類は、情報システムだけでなく、それを使う企業やビジネスにも言及されることがある。さらに、情報システムの開発者も、両方のモードに対応できる人が少ないといった文脈で語られることがある。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top