用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ミクスト・リアリティ】

  • MR
  • 複合現実

 ミクスト・リアリティ(Mixed Reality)を略して MR という。日本では「複合現実」ということが多い。ざっくりいうと、現実の空間や映像と、CG(コンピュータ・グラフィクス)やホログラムの映像を一体化させる技術。

 同じような言葉に、VR(バーチャル・リアリティ:仮想現実)と AR(オーグメンテッド・リアリティ:拡張現実)がある。

 VR は、HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)を使って完全に現実から遮断された仮想世界を見せる技術。疑似体験はできるものの、その間、周囲の情況(現実)はほぼ分からない。

 AR は、メガネ型のゴーグルなどを使って、現実の世界に情報や映像を付加する技術。たとえば、ゴーグルを通して現実世界を見ながら、目の前の対象物に関する付加情報を表示する。あるいは、スマホの画面に目の前の映像を映しながら、アニメのキャラクターを重ねて登場させるといったもの。

 MR は、これらを進化させたもの、あるいは合体させたもので、現実と仮想の映像が同時に存在して相互に影響する。

 具体的には、離れた場所にいる人のホログラム映像(立体映像)を登場させて、あたかも目の前にいるように見せる。設計段階の工業製品や建築物の CG 映像を現実空間に存在するかのように出現させて、デザインを検討するといったことができる。

 今のところ MR は、専用の HMD を使う方式が一般的。そして、現実世界に仮想映像を重ねるだけでなく、現実空間の映像を仮想空間に映し出すことで双方を重ねて見せる方式もある。

 また、同じ MR映像を複数の人で共有することもできる。たとえばホログラム映像を使った仮想コンサートも可能だ。あるいはデザインの検討なら、誰かが対象物を操作して色や大きさを変えると、その変化を全員が確認できる。しかも、その参加者は遠隔地にいてもいい。

 具体的な利用法としては、コンサートやイベントのようなエンターテインメント系、建築や工業製品の設計デザインのほか、手術のシミュレーションといった医療分野、大型機械や設備のメンテナンス訓練、運転技術のトレーニングなど幅広い用途が考えられている。

みの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top