用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【クリプトカレンシー】

  • 暗号通貨
  • 仮想通貨

 主に、インターネット上で流通するカタチのないお金。日本では通常、仮想通貨という。そして仮想通貨は、おおむね 2種類に分けることができる。

 まず、特定のインターネットサービスやオンラインゲームの中だけで取得したり使用したりできる通貨。たとえば、あるゲームの中で成果を上げると、そのゲームの中だけで通用する通貨が手に入り、その通貨を使って新しいアイテムを購入できるといったもの。

 もうひとつは、インターネット上で実際に流通し、商品やサービスの対価として支払いや決済に使える仮想通貨。最も有名な仮想通貨として、ビットコインがある。ただし利用するときは、支払い相手も同じ仮想通貨に対応している必要がある。

 とはいえ、実態が見えないのでイメージしにくいと思う。たとえば、頻繁にアメリカへ行く人は日本円を USドルに替えて持っているだろう。そして、アメリカではドルを使う。同じように、インターネット上で頻繁に取引する人は、日本円をビットコインのような仮想通貨に替えて、取引の決済に使うことができる。仮想通貨を使うと、海外への支払いも容易だし手数料もかからない。あるいは安く済む。

 従来の実態のある通貨(お金)は、それぞれの国の中央銀行などが発行して、その価値を保証している。一方、ビットコインに代表される仮想通貨は、インターネット上の仕組みによって管理・流通している。つまり、インターネット自体に特定の管理者がいないように、仮想通貨にも特定の管理者がいない。

 そのため、仮想通貨の中には信用性に不安のあるものもあるとされる。しかし、ビットコインのように世界的に流通が広まって実用化しているものは、インターネット全体で管理され信用を保っている。そのために、プロックチェーンやマイニング(採掘)とい呼ばれる技術がある。

 後者のようにインターネット上で実際に流通している仮想通貨を、英語ではクリプトカレンシー(Crypto Currency)という。これを訳すと、暗号通貨。そのため、仮想通貨と暗号通貨は同じものと思っていい。

 一方、電子マネーと仮想通貨は別モノとされている。こちらは、デジタル通貨のページで解説しているので必要に応じて参照してほしい。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top