用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【クラウドファンディング】

  • ソーシャルファンディング

 インターネット等で、目的を提示して不特定多数の人から資金を集めること。そのしくみ。クラウドファンディング(Crowd funding)ということが多いけど、ソーシャルファンディング(Social funding)ということもある。

 なお、この場合のクラウドは「群衆」という意味の crowd。一方、クラウド・コンピューティングのクラウド(cloud)は「雲」で、意味が異なる。

 分かりやすい例としては、新しい商品を作りたい、映画やアプリを作りたい、しかし資金が足りない。そんなとき、クラウドファンディングのサイトに自分のアイデアと必要な金額を掲載する。

 そして、その商品や作品に共感した人が資金提供を申し出て、必要な金額に達したらその資金で事業や活動を行う。通常、締切日までに目標額に届かなければ、その計画は流れる。

 ビジネスに限らず、ボランティア活動や社会的活動の資金集め、イベントやコンサートなどの開催費用、伝統工芸や建築物の修復、何か目的をもった旅の計画など、さまざまな目的に利用できる。

 ただし正確には、クラウドファンディングは見返りのない寄付型、利益が出たら配分を受け取る投資型あるいは融資型、完成した製品などを受け取る購入型に分類される。

 投資型や融資型は金融関連の制限を受けるため、日本では購入型が中心になっている。たとえば、ある商品の開発に資金を提供した場合、その商品ができたら完成品が送られてくるといった感じ。

 なお、このように多くの人から特定の目的のために資金を集めることは、昔から日本でも海外でも行われてきた。たとえば、寄付金による建造物の修復といった例がある。しかしクラウドファンディングは、インターネットを利用することで離れた場所からでも、さまざまな活動に少額から投資できるようになった点が新しい。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top