用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キャッシュレス決済】

  • 非現金決済

 キャッシュレス決済は、現金(紙幣・硬貨)以外の方法で代金を支払うこと、その方法の総称。同じ意味で、非現金決済ということもある。一般的な商品やサービスの代金の支払いのほか、公共料金や税金などの支払いにも対応してきている。

 具体的には、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどがある。デビットカードは、銀行などのキャッシュカードを使う方法で、店舗のレジ等で支払い手続きをすると代金が口座から引き落とされる。

 電子マネーは、交通系や流通系などがあって、カードの中に現金をチャージできるタイプが普及している。また、使い切りでチャージができないプリペイド型もある。

 このほか、クレジットカードや電子マネーの機能をスマートフォンなどのモバイル機器に登録して、カード型の電子マネーと同じように使うことができるモバイル決済がある。

 モバイル決済は当初、フェリカ(FeliCa)と呼ばれる非接触ICカードの技術を使う方式が多かった。その後、QRコード(2次元バーコード)を使う方式が広まってきた。これを、QRコード決済という。

 QRコード決済には、支払い者のスマートフォンに QRコードを表示して店側が読み取る方式と、店側の装置に QRコードを表示して支払い者が読み取る方式がある。

 ほとんどのキャッシュレス決済は、商品やサービスの代金を支払うために使われている。しかし一部には、個人間の送金に対応できるサービスもある。これは、たとえばインターネットを介した個人間の商品売買、飲食代の割り勘の精算、親から子へお小遣いを渡すといった用途に利用できる。

 また今後は、仮想通貨の利用が広がっていくことが予想される。これも、キャッシュレス決済のひとつとされる可能性が高い。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top