用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【みちびき】

  • QZSS
  • 準天頂衛星システム
  • みちびき

 QZSS は Quasi-Zenith Satellite System の略で、日本語では「準天頂衛星システム」という。しかし一般に「日本版GPS」ということが多く、そのために日本が打ち上げている人工衛星を「みちびき」という。

  GPS は Global Positioning System の略で、日本語では「全地球測位システム」という。アメリカが運用していて、地球全体をカバーしている。そして日本でも、カーナビ(カーナビゲーション・システム)やスマートフォンの位置情報は主に GPS が使われている。

 GPS で正確な位置情報を得るには、最低4機の衛星から電波を受け取る必要がある。さらに多くの衛星から電波を受信すると、より正確な位置情報を得ることができる。

 しかし日本は山間部が多く、都市部には高い建物が多い。そのため、山や建物の陰になって必要な数の電波を受信できないケースが生じている。すると、それだけ位置情報の精度が下がってしまう。

 これを改善するため、常に日本の上空に人工衛星がある情況を作る計画が進められてきた。そして、このように地球上の一部にとどまる衛星システムを QZSS(準天頂衛星システム)という。

 つまり、日本が新たに GPS を構築するのではなく、すでにある GPS の精度を上げる(既存の GPS を補完する)ために衛星を追加するかたち。それでも、一般には「日本版GPS」と呼ばれている。

 この日本版GPS によって、つまり日本が独自に追加した準天頂衛星がアメリカの GPS を補完することによって、誤差が数メートルから数センチに改善されるといわれている。そして今後、自動運転やドローン飛行などを含めてより精度の高いサービスが可能になっていく。

 なお実際には、人工衛星を日本上空に静止させることができない。そのため、日本からオーストラリアの上空を 8の字で周回する衛星を 3機、加えて赤道上空に 1機を飛ばすことで常に日本上空に衛星がある情況を作っている。

 この計画のために、みちびき初号機が打ち上げられたのが 2010年9月。その後、遅れがあったものの 2017年には 2号機から 4号機が打ち上げられている。

みの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top