FAQ (よくあるご質問)

FAQ (よくあるご質問):Mail Luck!

Mail Luck!のサービス詳細ページを見る

メール監査 (フィルタリング) 機能

メール監査とはなんですか。

エンドユーザーが外部へメールを送信しようとする際に、予め設定しておいたルールに抵触するかどうかをリアルタイムに検査し、検査NGとなったメールの送信をサーバー側で保留する機能です。

どんなルールを設定できますか。

宛先アドレス数の上限値、メールサイズの上限値、任意の宛先ドメインやメールアドレス、メール本文や添付ファイル内の任意のキーワード、添付ファイルの拡張子、などを検査ルールに設定することができます。

検査可能なメール配送は?

デフォルト設定では内部 (Fromがご契約ドメイン) から外部 (宛先が契約外ドメイン) へ送信されるメールに対して検査を実施します。

管理画面からの設定で、送受信される全てのメールを検査対象とすることも可能です。

※ご契約ドメインをヘッダーのFromとするメールを内部発信メールとします。それ以外をFromとするメールを外部から発信されたメールとします。

展開可能な圧縮ファイルの種類は?

Zip、Lzhの圧縮形式に対応しています。

9回までの多重圧縮にも対応しています。

※パスワード設定・保護設定・アクセス制限がされたドキュメントは検査できません。

添付ファイルに拡張子がない場合の添付ファイルタイプ検査

添付ファイルの拡張子だけでなく、メール送信時に付与されたMIMEコンテントタイプ・サブタイプの情報を検査することで、特定の種類の添付ファイルをもつメールを検査します。
したがって、拡張子がなくても、MIMEコンテントタイプ・サブタイプを手がかりに添付ファイル種別の検査を行うことができます。
例えば、「jpg」という拡張子を持つファイルか、もしくは、拡張子がなくてもMIMEタイプが「Image / jpeg」と指定されているファイルが添付されているメールをマッチさせることができます。
ただし、あくまでも拡張子とMIMEタイプによる判定であるため、偽った情報が付与されている場合は、それを正しく検査することはできません

設定できるキーワードの長さは?

キーワードは、1024byte以下で登録します。

パスワードロックされた添付ファイルのキーワード検査

パスワードロックのかかっている添付ファイルに対しては、キーワード検査はできません。

配送を保留されたメールはどうすれば配送されますか。

保留メールを閲覧、処理できる権限を持った者が、監査・保存管理画面にログインし、内容を確認後配送を実行すれば外部へ配送されます。保留されてから30日間、送信・削除されなかったメールは自動的に削除されます。

※保留メールの処理権限は各ログインID毎に設定可能です。

ルールに抵触した場合でも配送を保留しないことはできますか。

検査に抵触したメールがあった場合の処理は、「保留する」「中継する (配送する) 」「削除する」から選ぶことが可能です。

メール監査機能のみ、またはメール保存機能のみでの提供はありますか。

メール監査機能のみを利用されることは可能です。

監査条件を代行設定してもらえませんか。

別途有料にて承っております。設定作業はNTTPCのパートナーが実施する場合がございます。

page top