用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【xD-Picture Card】

  • xDピクチャーカード

 xDピクチャーカード(xD-Picture Card)は、切手くらいの大きさのメモリーカードで、主にデジタルカメラの写真を記録するために使われている。

 同じようなものに、コンパクトフラッシュやスマートメディア、メモリースティック、SDメモリーカード、マルチメディアカードなどがある。これらの中で、xDピクチャーカードが最も小さい。

 従来のメモリーカードも「切手大」といわれてきた。しかし、実際には記念切手に近いサイズだった。xDピクチャーカードは、普通に使う 50円や 80円の切手とほぼ同じサイズで、まさに「切手大」といえる。

 記憶容量は、当初は16、32、64、128MBの4種類で、順次増えていく。将来的には、8GBという大容量も見込まれている。

 xDピクチャーカードは、2002年の夏に発表され、秋から発売された。また、これに対応したデジタルカメラやメモリーカードリーダー、PCカードアダプター、コンパクトフラッシュ型のアダプター(CFカードアダプター)も同時期に発売された。

xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top