用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【x86】

  • x86系CPU

 まず 「x86」 といった場合は、インテル社のパソコン用CPU の総称。普通は「エックスはちろく」と読む。「x86系CPU」といった場合は、インテル製の CPU に加えて、アスロンなどのインテル互換CPU も含まれる。

 現在のインテル製 CPU には、コア2デュオとかセレロンといった名前が付いている。しかし昔は、8086、80286、i386、i486 といった数字が製品名になっていた。この数字は、下2桁は「86」のままで上の位だけ変わっている。そのため「100以上の位には、いろいろな数字が入ります」という意味で「x」を当てて「x86」として、これらの CPU 全体を指すようになった。

 486 の次は 586 になるはずだったけど、数字だと商標登録できないという理由で「ペンティアム」という製品名が付けられた。ちなみに「ペント」は「5」という意味。

 その後は、ペンティアムII、ペンティアムIII、ペンティアム4といった具合に進化してきた。セレロンという CPU もあるけど、これもペンティアム・シリーズの廉価版なので同じ仲間といえる。

 このように、ペンティアム・シリーズという方が適切な製品ラインナップになっても、インテル製 CPU 全体を指して「x86」シリーズと呼ばれる時期が続いた。ちなみに、あとから出てきた CPU は基本的に、それ以前の CPU の機能を継承した上で性能アップされている。

 アスロンなどのインテル互換CPU も、基本的には x86 からペンティアム・シリーズの機能を継承している。そのため、インテル製 CPU の代用として使われてきた。細かいことをいえば、いろいろ違いもあるけど、大きく見れば同じ仲間と考えていい。そのため、インテル互換CPU も含めて、x86系CPU ということがある。

 では、x86系でない CPU は何があるかというと、パソコン用ではパワーマックに使われていたパワーPC があった。パソコンより小型のハンドヘルドPC では、SuperHシリーズ(SH-3など)といったCPUが使われた。パソコンより上位の UNIXワークステーションでは、SPARC(スパーク)や Alpha(アルファ)といった高性能な CPU が使われてきた。

 それと、さらに以前のマッキントッシュは 68k と呼ばれる CPU を使っていた。「ハチロク」と「ロクハチ」で紛らわしいので気をつけよう。

xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top