用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【microATX電源】

  • SFX電源

 小型のデスクトップパソコンで使われている電源ユニット。SFX は、Small Form Factor という意味。

 デスクトップパソコンでは主に、ATX電源という電源ユニットが使われている。しかし、ATX電源はある程度の大きさがあり、パソコン本体をあまり小さくできない。そのため、小型パソコンでは SFX電源が使われる。

 SFX電源は、microATX という規格の小型マザーボードを使ったパソコンに対応するので、microATX電源と呼ばれることもある。

 SFX電源のサイズは、数種類ある。いずれも、幅、奥行き、高さの順で、100mm×125mm×50mm、100mm×125mm×63.5mm、125mm×100mm×63.5mm である。このほかに、PS3 というタイプがあって、これは 150mm×100mm×86mm というサイズだ。どれも、ATX電源(150mm×140mm×86mm)より小さい。

 なお、SFX電源から提供される電源ケーブルやコネクターは、ATX電源とほとんど同じだ。

 また、メーカー製の小型パソコンでは、SFX規格ではない独自仕様の電源ユニットを使っていることも多い。

mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top