用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【kVA】

  • VA
  • キロボルトアンペア
  • ボルトアンペア

 kVA(キロボルトアンペア)の k(キロ)は、1000 という意味。1000m を1km と書くときのキロと同じだ。つまり、1kVA は 1000VA になる。そして VA(ボルトアンペア)は、電力を表す単位のひとつ。

 通常、電気器具の消費電力は W(ワット)で表されることが多い。この電力は有効電力と呼ばれるもので、その器具や装置が実際に消費する電力を表すとき使われる。

 一方、VA で表示される電力は皮相電力(ひそうでんりょく)と呼ばれ、使用する装置に加えられる電圧(V)と、その装置に流れる電流(A)を掛けた数値になる。皮相電力には、配線や機器の中でムダに消費される電力が含まれていて、皮相電力が実質的な消費電力とされる。

 そのため、皮相電力の値が消費電力の値より小さくなることはない。電球や熱器具などは、皮相電力と消費電力が一致する。しかし、コンピュータなどの IT機器は皮相電力の方が大きくなる。

 そのため、電気装置や配線などを選定するときは、どちらの電力で表記されているのか注意する必要がある。有効電力による計算では問題なくても、皮相電力でみると許容量を超えるといったことも起きる。

Kの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top