用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【i.Link】

  • FireWire
  • IEEE1394
  • アイトリプルイーいちさんきゅうよん
  • アイリンク
  • ファイアワイヤー

 IEEE1394 は、パソコンと周辺機器を接続するための規格のひとつ。データをやり取りする速度が最大 400Mbps と高速で、この方法に対応した外付けハードディスクなどが発売されてきた。

 従来の接続方式はデータの転送速度が遅く、ビデオ映像のような大量のデータを送受信するには無理があった。しかし IEEE1394 を使うことで、デジタルビデオカメラとパソコンをつないで映像をスムーズに取り込むことができるようになった。

 この規格は、アップル社が最初に開発をはじめたもので、同社ではFireWire(ファイアワイヤー)と呼んでいる。そして最近のマックには、この規格に対応したコネクターが付けられている。

 またソニーは、i.Link(アイリンク)と呼んでいる。こちらは、バイオ・シリーズに装備されている。一時は、ソニー以外でも i.Link という呼び方をする会社があった。

 当初、IEEE1394 は次世代のインターフェースとして期待されていた。当時は、中低速のデータ転送には USB が、高速のデータ転送には IEEE1394 が普及するいわれた。

 しかし USB2.0(最大 480Mbps)が登場し、こっちの方が IEEE1394 より速くなった。それでも、パソコンは USB2.0 が中心になっても、家電との接続には IEEE1394 が使われて行くともいわれてきた。

 といった状況のなか、2003年1月には IEEE1394 の上位規格として、さらに高速な IEEE1394b(FireWire 800)が登場し、USB2.0 の速度を追い越した。しかし、USB も 3.0 が登場し、IEEE1394 は常に 2番手の感が否めない。

 ちなみに「IEEE」は「アイ・トリプルイー」と読む。IEEEは、アメリカの電気技術者と電子技術者が作っている協会で、IEEE1394のほかにもいろいろな規格をまとめている。たとえば、無線通信に関するIEEE802.11といった規格がある。

iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top