用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ext2】

  • ext
  • ext3
  • ext4

 リナックスで使われてきたファイルシステム。ext は、extended file system の略。その後に付いている数字は、バージョンだと思っていい。特に読み方はなく「イーエックスティー」という。

 リナックスは、パソコン用の基本ソフト(OS)のひとつ。つまり、ウィンドウズやマックOS の代わりになるもの。基本は無料だけど、実際にはすぐに使えるカタチにまとめた市販パッケージが普及している。

 ファイルシステムは、別のページで説明しているようにハードディスクなどの記憶装置で、どこにどんなデータが記録されているか管理する仕組み。ウィンドウズでは FAT32 や NTFS が、マッキントッシュでは HFS+ などが使われている。これの、リナックス版だと思えばいい。

 実際、リナックス標準のファイルシステムとして ext2 が長く使われてきた。その後、ext3 が取って代わり、現在は ext4 が登場している。

eの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top