用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Xi】

  • クロッシィ

 NTTドコモが2010年12月に提供を始めた、次世代通信LTEサービスの名称。Xi と書いて「クロッシィ」と読む。

 LTE は、別のページで説明しているように Long Term Evolution の略。携帯電話で、高速で大容量しかも遅延の少ない通信を提供するサービスだ。G3 方式の発展型で、FOMA の次のサービスになる。

 Xi の通信速度は、受信時(下り)最大 37.5Mbps(一部の施設内では最大 75Mbps)。FOMA(HSPA)の通信速度が下り最大 7.2Mbps なので、5倍以上速くなった。

 また、電波の周波数利用効率が約3倍もよくなったので、大容量の通信に対応できる。あるいは、多くの人が同時に利用することも可能になる。さらに、データ伝送の遅れも FOMA に比べて最大 1/4 に短縮されている。

 なお当初は、データ通信専用の Xi端末が発売されて、これをパソコンに差して利用する。この端末で音声通話はできない。将来的には、Xi対応のスマートフォンが発売されていく見通し。

 サービス開始時の対応エリアは、関東・甲信越の一部、東海エリアの一部、関西エリアの一部。Xi のサービスエリア外では、FOMA のデータ通信サービスを利用できる。

Xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top