用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【XSL】

 XSL は、Extensible Stylesheet Language の略で「拡張できるスタイルシートの言語」といった意味。といっても、よく分からないよね。

 まず、インターネットのウェブサイトは HTML という比較的簡単なプログラム言語で作られている。でも最近のように、ネットショップを作っていろいろな商品を紹介したり、注文を受けたり、お客さんを管理するのは HTML だけでは難しい。

 あるいは、企業内のコンピュータ・ネットワークでインターネットの技術を使って製品管理や顧客管理などを行う場合も、HTML の機能だけでは不十分。そこで、もっと複雑なことができる XML というプログラム言語を使うことが多い。

 で、XML にはいろいろ良い点があるんだけど、少し問題もあって、XML で作った文書(スタイルシート)の見た目を良くする機能が弱い。そこで、それを補うために作られたプログラム言語が XSL だ。つまり XSL は、XML に追加して使うもの。

 なお、同じような目的で開発されたプログラム言語に CSS がある。

 それと、XSL とよく似た言葉で XSLT というのがある。これも XML の機能を拡張する技術なんだけど、XML の文書を別の XML文書に変換するための簡易プログラム言語で、XSL とは目的が違う。

Xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top