用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【XHTML】

 XHTML は、eXtensible HyperText Markup Language の略で、「拡張が可能なハイパーテキスト記述用の言語」といった意味。

 インターネットのウェブページは、HTMLという簡単なプログラム言語のようなものを使って作られている。文字や画像ファイル名の前後にタグと呼ばれる記号を付けて、文字の色や大きさ、背景の色、画像の位置などを指定している。

 しかし HTML は、定義が曖昧な部分があるのと、複雑な作業を実行しようとすると手間がかかるといった問題がある。そのため、より複雑なウェブサイトを構築したり、コンピュータ間でデータ交換するような場合は XML という記述言語が使われてきた。

 こうした状況を受けて、HTML を XML のルールに合うように再定義したのが XHTML だ。つまり、HTML の進化形と考えていい。

 そのため、XML に対応したプログラムや機器で XHTML で作ったデータを実行することができる。また、従来の HTML に対応したブラウザーで XHTML のデータを表示することもできる。

 なお現在は、携帯電話のような小型機器でもウェブページの表示ができるけど、こうした機器に向けて機能を絞った XHTML Basic も作られている。

Xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top