用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【XHTMLベーシック】

  • XHTML Basic

 インターネットのウェブサイトは一般に、HTML と呼ばれる簡易的なプログラム言語で作られている。しかし HTML には定義が曖昧な部分があるうえ、複雑な機能が使えないといった弱点もあった。

 そのため、より複雑なサイト構築やコンピュータ間のデータ交換には、HTML より高度な XML という言語が使われてきた。

 こうした状況を受けて、HTML を XML のルールに合わせて再定義したのが XHTML である。XHTML は、eXtensible HyperText Markup Language の略で、「拡張が可能なハイパーテキスト記述用の言語」といった意味。

 さて最近では、携帯電話でもウェブサイトを表示できるし、情報家電でもハイパーテキストを利用できるもがある。こうしたパソコンより性能の低い機器で利用するため、XHTML の基本的な機能だけ抽出したバージョンが用意されている。これが、XHTML Basic(XHTMLベーシック)だ。

 最近の携帯電話は、ほとんどの機種が XHTML Basic に対応している。

Xの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top