用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows XP 64bit Edition】

  • ウィンドウズXP 64ビットエディション

 ウィンドウズXPは、2001年の秋に登場した新しいウィンドウズ。企業向けのプロフェッショナル(Windows XP Professional)と、家庭向けのホームエディション(Windows XP Home Edition)、業務用の64ビットエディション(Windows XP 64bit Edition)がある。

 この中で、普通のパソコンユーザーが使うのはプロフェッショナルかホームエディションになる。64ビットエディションは、普通のパソコンより高性能なワークステーションなどで使う。

 具体的には、仕事で大きな画像やCG、映像を扱うような人が使うものだ。そのため、市販パッケージは発売されていない。64ビットエディションを活かせる性能を持ったコンピュータに組み込まれた形でのみ提供される。つまり、ウィンドウズXP 64ビットエディションがインストールされたワークステーションを買うしかない。

 現在、普通のパソコンは32ビットという単位でデータを処理している。しかし、64ビットエディションは、その名のとおり64ビットという単位でデータを処理する。そのため、CPUなどコンピュータの内部も64ビットに対応していないと意味がない。

 ただし、ウィンドウズXP 64ビットエディションで、普通のパソコンで使う32ビット対応のアプリケーションソフトも使うことができる。

 なお、2005年4月には、一般のパソコンでも使える64ビット版のウィンドウズXPとして、ウィンドウズXP プロフェッショナル x64エディションが発売されている。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top