用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows Vista Upgrade Advisor】

  • ウィンドウズ・ビスタ・アップグレード・アドバイザー

 ウィンドウズ・ビスタ(Windows Vista)は、2007年1月に発売された新しい基本ソフト。ウィンドウズXP の後継版になる。2006年に発売されたパソコンは、多くが Windows Vista Capable PC となっていて、ウィンドウズ・ビスタ発売後にバージョンアップして使えるとされていた。

 しかし、ウィンドウズ・ビスタは 5種類もあって、そのすべてが快適に動くとは限らない。ビスタが持つ新機能を満喫するには、それなりに性能の高いパソコンが必要だ。

 では、どのくらいの性能があればいいのか、その判断は難しい。そこでマイクロソフトは、Windows Vista Upgrade Advisor(ウィンドウズ・ビスタ・アップグレード・アドバイザー)というソフトを配布している。

 このソフトを使うと、パソコン内の部品構成を点検して、ビスタをインストールできるか、動かすことが可能か、強化すべき機能はあるか、ドライバーソフトのアップデートが必要か、といったことをリストアップしてくれる。

 Windows Vista Upgrade Advisor は、マイクロソフトのサイト(英語版)から無料でダウンロードして使えるので、今使っているパソコンで試してみるといい。結果しだいで、ウィンドウズ・ビスタの導入に向けて性能アップするか、新しいパソコンを買うべきか判断材料になる。

 ただし、このソフトはウィンドウズXP のみ対応で、英語版かつベータ版だ。また今後、対応するドライバーソフトなどが増えてくれば、同じパソコンでも結果が変わってくる可能性もある。

 それと、このソフトを動かすには、Microsoft .NET Frameworks 2.0 というプログラムが必要だ。パソコンに入っていない場合は、Windows Vista Upgrade Advisor をインストールする前に英語でメッセージが出るので「Yes」を押してダウンロードし、インストールしよう。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top