用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows Messenger】

  • ウィンドウズ・メッセンジャー

 ウィンドウズXPに装備されている機能のひとつ。基本的には、インスタントメッセンジャーと呼ばれるソフトの一種だけど、従来のソフトより多機能になっている。

 主な機能としては、まず従来のインスタントメッセンジャーと同様に文字を使ったメッセージ交換(チャット)や電子メールができる。ウィンドウズ・メッセンジャーは常に起動した状態になるので、メッセージや電子メールが届くと画面右下に表示が出て、すぐに分かる。

 次に、声を使った通話(音声通話)やテレビ電話ができる。また、ファイルを送ったり、双方の画面に同じ文書や画像を表示させることもできる。これらの機能を組み合わせて使うと、離れた場所にいても同じ資料を見ながら文字や声で打ち合わせが可能だ。離れて暮らす家族や友達と、デジタルカメラの写真を見せ合いながら長話なんていうのもいいだろう。

 ウィンドウズ・メッセンジャーは、LANやインターネットを通じて遠くのパソコンとデータをやり取りする。ただしルーターを介してインターネットに接続していると、IPアドレスの都合で使えない機能が出ることもある。音声通話も、ウィンドウズ・メッセンジャーが組み込まれたパソコン同士で行うのが基本だ。しかし追加サービスを利用すると、パソコンから普通の電話機へ電話をかけることも可能になる。

 なお、ウィンドウズ・メッセンジャーを使うには、パスポートと呼ばれるサービスに登録する必要がある。また、音声通話やテレビ電話の機能を使うには、パソコンにマイクやCCDカメラなどを取り付ける必要がある。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top