用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows Anytime Upgrade】

  • ウィンドウズ・エニータイム・アップグレード

 使用中のウィンドウズ・ビスタを、より高性能なものにアップグレードできる制度。

 2007年1月30日に発売されたウィンドウズ・ビスタは、主に4種類ある。最も基本的なホーム・ベーシック、家庭向けのホーム・プレミアム、業務用のビジネス、そして全機能が入ったアルティメットだ。ほかにエンタープライズというのがあるのだけど、これは大企業向けで一般には販売されていない。そして、それぞれ内蔵している機能が少し異なる。

 性能の低いビスタを使っていて、より高い性能が必要になったら、Windows Anytime Upgrade(ウィンドウズ・エニータイム・アップグレード)という制度を利用して、アップグレードすることができる。

 具体的には、

  ・ホーム・ベーシック→ホーム・プレミアム
  ・ホーム・ベーシック→アルティメット
  ・ホーム・プレミアム→アルティメット
  ・ビジネス→アルティメット

 の4種類のアップグレードが可能だ。

 このアップグレードを利用するには、ビスタのスタートメニューから Windows Anytime Upgrade のページを呼び出せばいい。そして、オンラインでアップグレードパスを買う。あとは指示に従ってパソコンに付属の Windows Anytime Upgrade DVD を挿入、プログラムを実行すればいい。

 なお、Windows Anytime Upgrade DVD は、その名の通り DVD だ。だから CD-ROMドライブしか付いていないパソコンでは実行できない。また、ビスタには 64ビット版というのがあって、その場合は 64ビット対応の CPU が使われている。こうした場合は、「Windows Vista インストールメディアお申し込みセンター」に連絡すると適切なディスクを入手できる。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top