用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows 2000】

  • ウィンドウズ2000

 マイクロソフトが開発した基本ソフトの名前。ウィンドウズには多くの種類がある。2000以外のウィンドウズに関しては、ウィンドウズのページから参照してほしい。

 ウィンドウズ2000は、2000年2月に発売された主にビジネス向けのウィンドウズ。2001年の秋には後継版のウィンドウズXPが登場したけど、企業を中心に販売が継続された。

 従来のウィンドウズは、個人・家庭向けとビジネス向けに分かれていた。ウィンドウズ95、ウィンドウズ98、ウィンドウズ98SEは主に個人・家庭向けで、ビジネス用にはウィンドウズNTが推奨されていた。

 ウィンドウズ2000は、ビジネス向けのウィンドウズNTの後継版として開発された。そのため、ウィンドウズ2000が登場しても、個人・家庭向けのパソコンではウィンドウズ98や、そのあとに登場したウィンドウズMeが使われてきた。

 もちろん、個人ユーザーでもウィンドウズ2000を使いたければ使ってもかまわない。たとえば、ゲームなど娯楽系のソフトはあまり使わない、主にワープロソフトや表計算ソフトといったビジネスソフトや電子メールを使うというならウィンドウズ2000の方が安定性が高い。

 ウィンドウズ2000には、次の4種類がある。個人的にウィンドウズ2000を使いたい人は、プロフェッショナル版でいい。

●ウィンドウズ2000プロフェッショナル
 一般のパソコン(クライアント)で使うもの。ウィンドウズNTワークステーションの後継版。
●ウィンドウズ2000サーバー
 その名の通りサーバー用。ウィンドウズNTサーバーの後継版。
●ウィンドウズ2000アドバンスサーバー
 より大きなサーバー向け。
●ウィンドウズ2000データセンターサーバー
 さらに巨大なサーバー向け。

 なお、ウィンドウズ95や98から2000へバージョンアップすることも可能だけど、これはあまり推奨されていない。自分のパソコンが2000に対応できるかの判断が難しいし、上書きインストールすると問題が出ても95や98に戻せない。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top