用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【WPA2エンタープライズ】

 無線LAN を安全に使うためのセキュリティ技術のひとつ。

 無線LAN は、有線LAN 側のアクセスポイント(親機)とユーザーの手元にある子機(パソコン、あるいはスマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器)の間を電波でつなぐ。

 電波は目に見えないし、四方八方に広がっている。そのため悪意のある人が不正に接続したり、送受信されているデータを傍受したりする可能性がある。これを防止するため、無線LAN にはさまざまなセキュリティ技術が投入されてきた。

 WPA は、当初広く使われていた WEP という技術を大幅に改善したもので、ユーザー認証機能やデータ改ざんを検知する機能などが盛り込まれている。そして現在は、WPA の完成版にあたる WPA2 が普及している。

 WPA2 には、事前に登録されている機器は接続を許可する、登録されていない機器からの接続要求は拒否するといったユーザー認証機能がある。そして、このユーザー認証機能は現在、2種類が普及している。

 企業や業務用ネットワークサービスを提供している会社では、認証サーバーと認証用の専用プログラムを使って確認する IEEE802.1X認証という方式を使うのが一般的だ。そして、これを WPA2エンタープライズ、あるいは WPA2エンタープライズモードという。

 一方、個人や家庭向けの小規模な無線LAN では PSK と呼ばれる共有鍵を使う方式が普及している。こちらは、WPA2パーソナルと呼ばれている。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top