用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【WPA-PSK】

  • PSK

 PSK は Pre Shared Key の略で、無線LAN に接続する際に使われる技術のひとつ。

 無線LAN は電波を使って接続するため、接続するパソコンの認証やデータの暗号化といった技術が不可欠。そして実際、多くの技術や仕組みが開発され、利用されてきた。

 PSK は、こうした技術のうち、家庭や個人など小規模な無線LAN ネットワークで利用することを想定したもの。接続するパソコンと無線LAN のアクセスポイント(親機)の双方に、あらかじめ共通鍵を設定しておくことで接続していいかどうか判断する。

 この共通鍵を英語で Pre Shared Key といって、略して PSK という。日本語で「事前共有鍵」ということもある。なお、鍵といっても実際にはパスワードのような文字列だ。

 また PSK は、WPA や WPA2 といった無線LAN 暗号化方式のパーソナルモードで使用されることが多く、その際は WPA-PSK ということもある。この場合の WPA は、Wi-Fi Protected Access の略。

 なお、より大規模な無線LAN では、IEEE802.1X といった認証方法が使われる。これを、エンタープライズモードということがある。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top