用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【WEP暗号化】

  • ウェップ暗号化

 無線LANで送受信するデータを守るため、現在、広く使われている技術。

 無線LANを使うと、電波を使って離れたパソコン同士で、あるいはルーターやプリンタなどとデータを交換できる。実際には、LANに接続された親機(アクセスポイント)と、パソコンに取り付けられた子機のあいだを電波で結んでいる。

 しかし電波というのは、親機と子機のあいだを直線的につなぐのではなく四方八方に飛んでいる。そのため、無線LANの親機の近くにいると電波を傍受することも可能になる。これでは、企業などで大事なデータを送受信することができない。個人でも、電子メールを傍受したりされたら嫌だ。

 そのため、無線LANの規格であるIEEE802.11に、データを暗号化して送受信する機能が追加された。これを、WEP(暗号化)機能と呼んでいる。WEPは Wired Equivalent Privacy の略で、Equivalent は「同等の」といった意味。最近の無線LANの機器は、ほとんどがWEP暗号化に対応している。

 暗号化とは、仮にデータを傍受されても、そのままでは内容を理解できない状態にすること。送信する側の機器と受信する側の機器が同じ暗号化方式に対応していれば、暗号化されたデータは自動的に元に戻る。

 なお、WEP暗号化方式は、あまり強度が高くない。つまり、セキュリティが弱い。そのため最近は、より強度の高い WPA 方式が普及してきている。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top