用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【VoIP】

  • ボイスオーバーアイピー

 IPと呼ばれる通信方式を使って通話する、つまり電話のように声を伝えるための技術。

 VoIPはボイスオーバーアイピー(Voice over IP)の略で、IP はインターネット・プロトコル(Internet Protocol)の略。つまり、インターネット・プロトコルに乗せて声(ボイス)を伝える技術といった意味。インターネット・プロトコルについては、TCP/IPのページを見てほしい。

 インターネットだけでなく、イントラネットと呼ばれるコンピュータ・ネットワークもTCP/IPを使っている。イントラネットは企業内のネットワーク。そのため、 会社の中ではVoIPだけで通話なんてこともできる。

 また、一般の電話機で利用できる通話サービスもある。具体的には、インターネット電話やIP電話のページを見てほしい。

 IP方式ということは、声をパケットという小さなデータに分割して送るということだ。そのため当初は、声が遅れたり途切れるといった質の悪さが指摘された。しかし最近は、声のデータを優先的に送る技術が開発されたりして、かなり改善されている。

 なお、声をIPに対応したパケットデータに変換するためにVoIPゲートウェイという機器を使う。個人で用意するものではないけど、企業などで直接、インターネットに接続して使いたいといった場合は必要になる。

Vの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top