用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【USBトークン】

 パソコンの USBポートに接続して使う小型の認証装置。

 パソコン内に保存されている機密データの漏洩は、大きな問題となるケースが多い。業種や漏洩規模によっては、一気に信用を失って事業そのものの継続が難しくなることさえある。

 そのため、さまざまな本人確認、認証方法が実用化されている。しかし基本的には、今もユーザーID とパスワードの組み合わせに頼っているケースが多いと思う。

 USBトークンは、見た目は小型の USBメモリーに近い。ただし、データを保存するのが目的ではなく、パソコンや基本ソフト(OS)を起動したり、特定のソフトやデータにアクセスするために必要な情報が入っている。

 簡単にいえば、USBポートに USBトークンを差していないと、パソコンが使えない、特定のデータを開けない、あるいはネットワークに接続できない。つまり、そのパソコンを使うための鍵のような役割を果たす。

 まず、USBトークンを持っていて、それをパソコンに差すこと自体が本人確認の手段になる。さらに、USBトークン自体を有効にするためのパスワードを設定したり、指紋読取り装置で本人確認できるものもある。こうした仕組みがあると、それだけ安全性が増す。

 なお、USBトークンの中のデータを取り出そうとしたり壊そうとすると、必要なデータそのものが消去されることもある。

Uの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top