用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【USB Type-B】

  • USB Type-B
  • USBタイプB

 USBコネクターの形状を表す言葉。正確には USB Type-B(USBタイプB)だけど、USB-B と略されることもある。

 USB(ユーエスビー)は Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)の略で、パソコンなどに周辺機器を接続することを主な目的としたデータ転送の規格。

 USB で機器と機器を接続するとき、通常は両側にコネクターの付いたケーブルを使う。このとき上位の機器(ホスト機器)側は USBタイプA のコネクターを使い、下位側の機器は USBタイプB を使うのが基本だ。

 たとえば、パソコンにプリンターをつなぐとき、パソコン側が A でプリンター側が B になる。そして、プリンターにある B対応の差し込み口をメスといって、ケーブル側の B対応のコネクターをオスという。

 具体的な形状は、断面が約8mm × 約8mm の正方形で、差し込みの向きを決めるため一部を切り欠いたカタチになっている。

 なお、USB 3.0 から導線が増えてコネクターの形状も少し変更されている。しかし互換性が保たれているため、USB 2.0 のコネクターに 3.0対応のケーブルを接続することができる。ただし、2.0 のケーブルで 3.0対応の機器を接続することはできない。

 また、USB には現在、ミニUSB やマイクロUSB といった小型の規格がある。そして、これらの USB にもタイプA とタイプB の区別がある。だたし、本来の USBコネクターとはだいぶ形状が違う。

 さらに今は、USBタイプC という規格が登場している。これは、従来のタイプA、タイプB と違って、より小型で長円形のコネクターになっている。そして、両側とも同じ形状で、上下の区別もない。

Uの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top