用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【URL】

  • ユーアールエル

 インターネットに接続されたコンピュータ(サーバー)から、手元のパソコンなどにデータを呼び出すための仕組み。いわゆるウェブサイトのアドレスが、最も代表的な URL になる。

 一般的な企業のウェブサイトを開くとき、そのサイトのアドレスが分かっていれば、ブラウザー上部の枠に「http://www.*****.co.jp/」と直接入力して呼び出すことができる。もちろん実際には、***** の部分はその会社の名前や略称になる。

 で、これは「インターネット上の *****.co.jp というところに www というコンピュータがあって、その中にウェブサイトのデータがあるから、それを手元のブラウザーに表示しなさい」という意味。

 その会社の製品情報やユーザーサポートのページを直接呼び出すこともできる。たとえば、製品情報なら「http://www.*****.co.jp/products/」、ユーザーサポートなら「http://www.*****.co.jp/support/」といった具合だ。

 この場合は、*****.co.jp の www というコンピュータの中にある「products」あるいは「support」というディレクトリを指定している。この場合のディレクトリは、フォルダと同じ意味だと思えばいい。ディレクトリ名は、情報を提供する側が自由に付けることができる。

 そしてコンピュータ(wwwなど)やディレクトリ(productsなど)を指定した場合は、その中にある「index.html」といった[ファイル]を探して表示するように設定されていることが多い。

 ホームページを呼び出すときは、アタマが「http://」で始まる。このほかに「ftp://」で始まることもある。この場合は「ftp:// の後に続くコンピュータ(およびディレクトリ)にプログラムなどのファイルがあるから、それを送りなさい」という意味。

 URLは、Uniform Resource Locator の略。http と ftp については、別のページで説明しているので必要に応じて参照してほしい。

Uの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top