用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SuperSpeed USB】

  • USB 3.0
  • スーパースピードUSB

 2008年11月に登場した USB の規格。それ以前に普及していた USB 2.0 に追加されたかたちで、その後は USB 2.0 と 3.0 が共存している。そして USB 3.0 のことを、 SuperSpeed USB(スーパースピードUSB)と呼ぶことがある。

 USB 3.0 になって、データ転送の最大速度が 5Gbps に上がった。USB 2.0 が最大で 480Mbps だったので約10倍になった。しかし、どちらの速度も理論値で、実際に 10倍の速度が出ることはない。とはいえ、外付けハードディスク(HDD)に大量のデータを転送するような場合、待ち時間が少ないといったことを実感できるケースはある。

 USB 1.0/1.1 に USB 2.0 が追加されたとき、コネクターもケーブルも互換性があってそのまま使うことができた。しかし USB 3.0 になったとき、以前は 4本だった導線が 9本に増えた。そのため、コネクターの形状が少し変わっている。

 ただし、互換性を保つように設計されているので、USB 3.0 のケーブル(コネクター)で USB 2.0 対応の機器を使うことができる。その逆はできない。また、3.0 対応のコネクターは、2.0 対応のコネクターと見分けるために接続部を青色にすることが推奨されている。

 また、USB にはバスパワードといって接続した機器に電気を供給する機能があって、USB 2.0 では最大 500mA だった。USB 3.0 になって、これが最大 900mA に増えている。

 なお 2013年8月には、より高速な USB 3.1 が規格化されて、最大速度が 10Gbps に上がった。この規格を、SuperSpeed+ USB(スーパースピードプラスUSB)と呼ぶことがある。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top